トップページへ戻る                            



WHAT'S   NEW

                      平成20年(2008年)8月2日
     ウコギと健康

     山形産業資源研究所  池田 昭

 ウコギ(米沢で栽培されているのは、正式にはヒメウコギ。学名はAcanthopanax sieboldianus)は将来性の期待できる作物である。特に健康に効果がある点の期待が大きい。ウコギの効能に関する科学的な研究の第一人者である米沢女子短期大学の山田則子教授の論文を参照することができた。論文に示されたウコギの効果を紹介する。
トップページへ戻る

                        平成20年(2008年)8月2日
 
  ウコギの健康に関する効能の紹介
      
       池田 昭
 
  (もと 山形警察署長・八幡町助役。山形産業資源調査研究所)


      目 次   

リンク 食後血糖上昇抑制作用

リンク 抗菌作用

リンク 成分


ウコギ葉には食後の血糖上昇を抑制する働きがある

■ラットを用いた実験で、各種の糖溶液にウコギ葉を添加して与えた、糖質だけの対照群と比較した結果、マルトースまたはグルコース投与の場合、食後30分以内の血糖上昇値が対照群の3分の2程度に抑制された。
 なぜこれらの糖質で抑制効果が見られるのだろうか。
 グルコース吸収抑制作用が考えられる。また、実験室内での結果からはウコギ葉にはマルターゼ(マルトース分解酵素)阻害作用が見られた。
 ウコギ葉の中の何がこのような効果を引き起こすのだろうか。
 マルターゼ阻害作用はポリフェノール類、特にサポニン類とクロロゲン酸に由来することが示唆された。
 グルコース吸収抑制作用は水溶性食物繊維が関与した可能性が考えられる。
 
参考文献
 田渕三保子・田村朝子・松葉滋・小野寺準一・山田則子,2004.ウコギ葉のラットにおける食後血糖上昇抑制作用.日本栄養・食糧学会誌,57(6):271-275.

■ヒトにも同様の食後血糖上昇抑制作用があるのだろうか。
 ウコギ葉茶200mLには約40gの生葉成分が含まれる。200mL摂取でヒトにおいても血糖上昇抑制作用が認められた。特に血糖値が上がりやすいヒトに対する効果が大きかった。その作用はグルコースの吸収抑制よりも消化酵素活性の低下作用が関与する。


 
参考文献
 本三保子・田村朝子・山田則子,2008.ヒメウコギ葉茶のラットおよびヒトにおける食後血糖上昇抑制作用.日本栄養・食糧学会誌,61(3):111-117.
目次へ戻る
この文章の先頭へ
 
ウコギ葉には抗菌性がある        

■沸騰した湯にウコギ葉乾燥粉末を入れ、5分間煮出した抽出液を用いた。大腸菌、ブドウ球菌、バチルス菌、サルモネラ菌に対して増殖を10%〜25%抑制する効果が見られた。10分間抽出液でも効果はほぼ同等だった。

参考文献
 田村朝子・田渕三保子・山田則子,2005.ウコギの抗菌性およびカット野菜に対する効果.日本家政学会誌,56(7):451-456.
 

■ラットに対する試験の結果、食物繊維のうち、血糖上昇抑制作用に効果があるのはセルロースとペクチンであることが分かった。腸内環境を改善する効果が見られ、糞尿排便量が増加し、細菌環境も改善した。

  参考文献
 田村朝子・田渕三保子・山田則子,2005.ウコギ葉摂取が糖尿病ラットの盲腸内発酵および糞便排泄に及ぼす影響.日本家政学会誌,56(3):181-186. 

■マウスにウコギ茶を投与して実験した結果、腸のぜん動運動が活発になり、糞便排泄量が増加、小腸組織の発達が観察された。これらはウコギ茶に溶出された水溶性食物繊維の影響と推察された。

参考文献
 田村朝子・本三保子・山田則子,2006.ウコギ葉摂取がマウスの腸内環境および小腸組織に及ぼす影響.日本家政学会誌,57(7):497-503.
目次へ戻る                    
この文章の先頭へ
 ウコギの成分 
 



■ウコギ葉に含まれる成分
  ・ サポニン類    朝鮮人参の薬理作用物質
  ・ ルチン       抗酸化物質
  ・ クロロゲン酸   抗炎症・抗HIV活性
  ・ ビタミンC                   乾燥葉に緑茶の3倍
  ・ ポリフェノール類               生葉にホウレンソウの20倍
  ・ 食物繊維

■ウコギ葉の健康に関する効能
  ・ 中性脂肪を低下させた
  ・ 悪玉コレステロールの減少、善玉コレステロールの増加
  ・ 血糖上昇の抑制

参考文献
 小野寺準一・松葉滋・山田則子,2007.粉体と工業,39(1):24-28.
目次へ戻る
この文章の先頭へ
トップページへ戻る