トップページへ戻る
平成20年4月公開以降の閲覧者数は、

     警察物語             池田 昭

やさしさがいちばん



▲昭和34年(1959年)
 警察大学校入学

 やさしい警察は国民に信頼される。
 警察は、国民の負託をうけて、国民の生命身体財産の保護にあたります。その職責遂行の過程で、犯罪者を検挙し、 こわいものとのイメージが先行しておりますが、
 実際は、やさしい警察こそ、国民の求める究極の警察である。これは、その実践の記録である。

     目     次

  は し が き 

  検事総長通達を変更したこと

  自動車運転免許試験合格の手引き    

  第一次安保闘争

  警察関係法令規則の全面的な改正

  60万人運転者時代を想定して「運転者教育センター」
  を構築したことなど


  消防団員の殉職事件
 
  刑事事件検挙率 80%と
  警察官の規律違反ゼロ

  刑事警察について

  人にやさしい行政 その参考事例

  殺人犯逮捕
 
  拳銃自殺と失踪事件を引き起こした暴虐署長

  めくら状事件

  指導員資格試験問題漏洩事件

  街路の多角的な活用について

  法律の総合的かつ柔軟な運用 

  鶴岡署長訓示(昭和53年)
  
はしがき

 私は、鳥海山山麓日向村(八幡町と、また酒田市と合併)の農家の三男としてうまれた。小学校の成績は上位で卒業時に首席で村賞をうけた。青雲の志に燃えつつも、都合により家業を支え、類焼の災厄にもあい、家の新築、借金の返済につとめて、ようやく19歳の夏に開放されて警察官となり、以来56歳で退職まで、37年間山形県警察で治安維持につとめた。

 生まれつき、ものごとにこだわらないほうで、誰とでも隔てなく付き合い、いじめもしないし、いじめられたこともなかった。

 高等小学校一年(十三歳)のとき書いた作文が先生の目に留まり、全校生徒職員400人の前で朗読させられたことがあった。その内容は、生まれた升田部落120 所帯で耕作している農地がたつた50haに過ぎないのに、すぐ近くに1000haもの平らな雑木林があるので、これを開墾して農地に活用すればみんなが豊かになるのではないか、という趣旨の作文であった。
 ところが読ませた先生方が何で私の作文を読ませたのかの評価がなく、不思議に感じたものであったが、開墾して農地に利用したいと言った雑木林は国有林であり、、ある団体の解放運動として、官憲の弾圧を受けるおそれがあり、先生方は公然の評価を避けたもののようである。そのような時代であった。

 生来、好奇心が旺盛で、知識を吸収、経験を重ねて,既成観念にとらわれない発想をして、「警察官らしからぬ警察官」といわれながら、山形警察署長を最後に警察の職を離れて、新しい人生へその歩みを進めた。

 顧みて、波乱ともいえるその人生を通じて「人はやさしさがいちばん、やさしいひとはつよい人」との確信をいだき、記憶にのこるいくつかの事例をここに掲げたものである。
 
目次へ戻る

昭和34年(1959年)
警察大学校      役員会議▲


検事総長通達を変更したこと


 山形警察署交通主任(警部補)のとき(昭和35年)、折からモータリゼーションの過程で仕事が多忙を極めたが、交通違反事件の送致書類が複雑過ぎて能率が上がらないので、5枚くらいの一件書類を一枚に集約簡素化した様式を考案して、山形地検次席検事に持ち込んだ。

 岡崎次席検事は「現行送致書類様式は最高検検事総長制定にかかわるもので、改正を上申しても、きまるまでは2年もかかるので、それまでは待てないだろうから、「試験的実施」として、当地検独自の判断でこの様式の事件送致を受け入れるから、これでどんどん送ってよこせ。」との決断をいただいた。
 以後の事件処理の能率があがり職員と事件関係者の負担が著しく軽くなった。
 これが縣内各署に広まり、2年後に検事総長制定改正様式の原型となった。

 普通このような改正は、県警本部主管課経由で進めるのが筋であるが、時間の空費となると思われたので、28歳の警部補が直接次席検事に体当たりして要求を実現したものである。 

 この「試験的実施」は行政に限らず企業にとっても激動の時代にふさわしい「経営手法」である。やってみて悪ければやり直せばよいことで、先ずはやってみることである。

 山形の警察本部長として着任された警察官僚は、すぐれた能力と意欲に満ちた方々が多く、このような「試験的実施」を次々に持ち出した私の提案を抵抗無く受け入れてくれたようである。
目次へ戻る

自動車運転免許試験合格の手引きを発行し、受験者に歓迎されたこと


 同じく山形署交通主任(警部補)のとき県内に自動車が1万台しかなかったが、モータリゼーションの過程で、ものすごい勢いで車が普及した。これに伴い運転免許試験受験者が上山の試験場に殺到した。しかし学科試験を受けるための勉強が500頁ほどの道路交通法と言う法令集以外に無く、学科試験が難関とされていた。そこで試験に出そうな自動車の運転に関する部分を、問い答えと平易に掲げて80頁に集約した「自動車運転免許受験者合格の手引き。問答式道路交通法、試験場コース図解入り」を編集発行し、印刷実費の一冊20円で発売した。

 これが爆発的に売れて、受験者は、これで百点取れるとあって全員この本に飛びつき、また自動車のセールスマンは、まとめて100冊200冊と購入し、車を売るときに「これ一冊で学科試験は大丈夫」と活用した。これは短期間に何万部も発行、大ベストセラーとなった。これこそ時代のニーズに迅速に適応した快挙とマスコミにも絶賛されたものである。

 この本の印刷発売は、山形地区交通安全協会に任せたので、協会としては多少の収入になり、それがまた交通安全広報の経費として運転者に還元されたことになります。私たちは協会からお酒をいただき自宅に仲間を集めてささやかな祝杯をあげことを記憶している。 この本はその後、全国的に類似の出版物の発行発売を促し、モータリゼーションの進展に貢献した。更新時講習に使用された「交通教則」の原型にもなったようである。 山形警察署交通主任(現在は交通官という警視がトッブ)時代は夜もろくに寝る暇が無いくらい多忙な日々を過ごし、体はやせ細っていたが、係員みんなが「交通の安全の確保」その一点に心をひとつにして、時間外手当もないのに、一生懸命に働いてくれた。そして喧々諤々お互いに言いたいことを言い合い、これぞと思えることは 誰が言い出したことでも、すぐ実行する気風に溢れていた。 いまでも当時の仲間が「あの頃はたのしかった。」と述懐するのを聞けるのが何よりもうれしいことである。
 それに署長が大阪さんという豪快な大人物だったので、即断即決、私達の提案を積極的に受け入れてくれた。

 警視庁幹部に電話して私を警視庁交通部の視察調査に派遣し、山形県としてはじめての横断者事故防止のための交通規制の実施、七日町交差点に交通信号機の設置(県内第一号)(養豚者小西さんの善意の寄付によるもの。)、交通安全の歌公募等々の新しい施策を次々に、県警本部の指示を待つことなしに実施することができた。

 出版物の発行については、その後、運転免許課長のときに、交通死亡事故を起こして刑務所に入所している受刑者の手記を、その方々の協力をえて提供していただき、「もうたくさん、このくるしみはわたくしだけで」の冊子をつくり、交通安全広報資料して活用させていただいた。その内容は事故を起こしたものでないとわからない苦しみと赤裸々な反省と悔悟に溢れたもので、各種の交通安全団体を通じて広範に頒布され、「加害者もまた被害者」の実態をしらせる啓蒙に役立てられた。

 また、交通企画課長のときは、酒酔い運転で肉親を失った家族の手記「お金なんかいらないお父さんをかえして。」を集めて出版した。これも全国的に話題になり、交通安全協会で数万部印刷発行配布され、交通事故被害者の悲痛な叫びを国民に届け、事故の抑止に役立てた。

 それぞれに手記を提供していただいた方々の心情に思いをいたすとき、涙なしには読めない手記であり、本の題名をその心情を端的に表せるものとしたものである。
 
目次へ戻る

一次安保闘争
 あの騒乱の時代に学生の検挙者をひとりもださなかったこと



 これは長い警察官生活のなかで最高の思い出である。

 岸内閣の大きな仕事のひとつが、日米安全保障条約の締結であった。これには激しい反対闘争が全国を席巻した。とくに皇居前で「樺美智子さん」が死亡してから、反対闘争が激化し、騒然としていた。

 昭和35年、警察大学校を卒業しての新任地が山形警察署警備課長であった。私は33歳であった。着任早々、毎日のように500人から3000人規模のデモがくりかえされた。 そこで、私は情勢判断として「この反対闘争は一過性のもので、おそらく一年で終わるだろう。過激な闘争の中心は学生であるが、前途有為の彼らを職業的な革命家の道に追いやってはいけない、そのためには闘争をできるだけ合法的におこなわせることである。具体的には、公安条例による届出を確実におこなわせること。さらに、渦巻きデモの過程での警察官との衝突をふせぐことであるとみた。

 そのため反対闘争の指導者先導者の学生の指導と大學当局との提携、デモ警備に当る警察官の指導に力を傾けた。 

 そして、学生の指導者と私が直接接触して、必ず届出を行うこと、不法な暴力行動を慎むことを説得した。学生たちは、はじめは反抗的な態度をとっていたが、次第にこちらの気持ちが理解されて、素直に説得をうけいれるようになった。
 警察官にはデモ警備配置まえに 全員を会議室に集めて情勢と予想される事案と対策を私から説明し、「相手から眼を離さずに注視し、親が子供を見つめるように冷静に行動するように」と繰り返し指示した。
 教育学部に野島というロシア語の先生がおられ、この先生はデモのたびごとに七日町交差点にきてデモ隊の動静を見守り、教室に戻ってから学生に適宜に注意をあたえていたようである。
 当時弟が教育学部に在学していたので、野島先生が「お前達はあまり無理してはいけない、警察官が冷静に対処しているから衝突は避けられているが調子に乗り過ぎるなよ」と説得しているという話を聞いて、陰ながら感謝していたものである。やさしい先生であった。大學の佐藤事務長さんもやさしい人で、細かく気を使って学生を見守り、必要な助言をしていただいた。
 他県では無届デモが相次ぎ、また渦巻きデモの過程で警察官との衝突が頻発、指導者や先導者をはじめ大勢の学生が検挙されて,退学処分をうけて学園を追放された。本来、公安条例ではデモの届け出は72時間前に行う事と定められているが、私は直前の届け出であっても、それを受理し許可するなど柔軟な運用を行った。年間百数十回に及ぶデモでも無届は無かった。

 約一年にわたる嵐が去り、冷静さを取り戻したとき、一触即発の危機を脱した歓びをしみじみと噛みしめたのは、私一人だけではなかったと思う。検挙逮捕退学者ゼロの記録は全国的にも例が少なく、警備活動の歴史的成果とされた。
 

▲昭和36年5月27日 七日町十字路にて
 安保反対のデモ行進。前年の1960年ほどではない。  (池田昭撮影)

 「責任というのは、常に感じつつあること、つまり自覚していること。そして正しい見通しを持って事に処することが大切で、失敗したら辞職するという負の遺産とだけ理解されてはならないものである」
 当時の若いエネルギーを安保闘争に燃やした学生諸君は、そのご学窓を巣立ち、それぞれに立派な社会人として、世の為人のために貢献しながら有意義な人生を送っておられることでしょう。

 当時は騒乱の時代であって、労働争議や学力テスト反対闘争など闘争の連続であったが、両者の動きを注意深く見守り、随時必要な注意警告を行い、流血の惨事を回避させた。ある署では学力テスト反対闘争から眼を離し、乱闘事件が起きたのを後で知り、事件として検挙したというが、事件が起きるのを放置して検挙するよりは、先ず予防が大切である。

 激動の時代の職員は、その能力を全開して必死に働いてくれた。そのなかでも圧巻は、警備係の小林(清)さんであった。
 善意にあふれ、無類のお人よしで、行動力にとみ、政官民労使保革の各層各界の人々と交流があり、透明人間のように、どこにでも現れ、誰とでも親しく話せるすぐれた才能の持ち主であった。「あそこの社長に、ここの労組幹部に、こんな話を。」というとすぐにその段取りがつくという具合で、労使の紛争その衝突の回避などに素晴らしい働きをしてくれた。
 その陰には奥様をはじめご家族の並々ならぬご協力があった。
 私達は「警察官である前に先ず人間であること」。それがいかに大切であるかを、彼に学んだものである。彼は一筋にその姿勢を貫き、着実に功績を重ねて、無試験で3階級も特別昇任、警察庁長官功績賞、陛下の叙勲の栄誉に浴さるなどの評価をうけられた。退職後各種の奉仕活動などを重ね社会に貢献なされておられるが。そのご功績を称え今後のお幸せをこころから念願しているものである。

  山形警察署の警備課長は当時古参の警部のポストであったが、原田署長が就任にあたり警備課長には池田昭をと本部長に直接指名して配置されたとのことであったが、多くの方々の支援をうけて、一応その期待に応えることができたことはしあわせだった。


昭和35年(1960年)4月 警備課長

   
目次へ戻る

警察関係法令規則(県条例公安委員会規則等以下)の全面的な改正を行ったこと。


 山形警察署警備課長2年の勤めを終えて、富永警務部長のもとで企画監察担当課長補佐として警務課に勤務し、企画監察表彰の事務を担当した。部下は松田警部補一人で、兼務者として松田事務官が手伝ってくれた。表彰は松田警部補に任せて、企画と監察に専念、法令例規通達の全面的な改正をおこなった。当時太政官通達などもまだ残っており、時代に合わない法令規則通達が多かった。

 一例を挙げればモータリゼーシヨンが進展して警察官の自家用車族も出てきているのに、山形署員が、日曜日に上山市に蕎麦を食べに行くのに署長の許可が要るという類である。
 これは所轄外への遠行許可と言っていたが、これを県外に出向くときだけに緩和するなど全面的に改正した。

 全署員を集めての会議を昔から定期訓授日と定めていたのを定例会議と変えるには長い歴史があるだけに心情的な抵抗もあったが、民間にも通用するものに変えたものである。参考資料に全国の各県警察の法令集を集めて検討した。
 その結果、時代に沿うように磨き抜かれているのが警視庁の法令集であった。多少見劣りするがそれに次ぐのが大阪、愛知、神奈川で、地方の県警のものはあまり参考にならなかった。法令も激しい社会情勢の変化ときびしい実践のなかで磨きぬかれてゆくものであることを実感した。
 事務の改善に当って類似県を参考にと言う人が多いが、それは誤りである。激動のきびしい環境に耐え抜いたその経験に学ぶべきである。

 地方自治についてもしかり。 
 この大改正は富永部長に代わって、自治省の法令係りの経験を持つ西川さんという自治官僚の警務部長が着任して仕事が加速し完成した。

 その経験を通じて、「法令は時代遅れのものが多いこと、したがって悪法も法なりの法万能主義は誤りであり、常に時代の進歩に合わせて迅速な改正作業をくりかえすべきものであること。改正に時間がかかるときは、例外規定を活用して柔軟かつ弾力的な運用で事態を救済すべきこと。法令は住民自らがつくるものであるとの意欲をもって、最大多数の最大幸福をめざす行政の目的に照らしてきびしく検証しなければならないものであること。」、を学び、以後その姿勢を貫くことにつとめた。

 よく前例が無いからだめだという人がいるが、前例は自ら作るべきものである。
 前例があればそれを踏まえて、さらに時代の進展に即応する新しい前例をつくり続ける努力をしければならない。
 警察統計書も沿革史的要素と日常の実務の参考書的な、活用できる年鑑資料として改正したが、そのスタイルは長く引き継がれたようである。

目次へ戻る
60万人運転者時代を想定して「運転者教育センター」を構築したことなど


 県民のために、よい仕事をするには、社会情勢の変化を適切に把握し、その展望にもとずく理想をかかげて,実現に情熱を傾けなければならない。ここでは交通安全その中での運転者教育にかかわる仕事の経過を記して、後世の参考資料とするのである。

 昭和45年、武田本部長は県警本部監察官兼警務か次長だった私を運転免許課長に発令した。そして酒田での出張免許試験場をめぐる自動車学校の争いを解決してほしいなど免許行政の刷新をもとめていた。
 さらに、その年の5月に警察官も海外に視野を広げる必要があるとして、その予算を確保して、その海外旅行第一号に私が指名され、欧州の7カ国の交通事情等を視察させてもらった。 
 山形県の警察官の海外視察は初めてで、以後継続された。

 欧州を歴訪して、道路、自動車、交通安全教育の進歩がめざましく、その格差は今日の先進国と開発途上国の差に等しいものであることを身をもって確認した。一例をあげれば、イタリアでさえも、高速道路がすでに7000キロ共用されており、ローマのホテルに泊まって300キロ離れたポンペイその他日帰りで観光できた(東京-山形間と同じ)のに、日本では高速道路が1000キロしかなく、山形県の重要事業に高速道路建設は載っていなかった。諸外国の様子を見学、その様子は一部、機関紙「もがみ」に寄稿した。
 あれから40年にもなろうとするのに、山形県の中央高速があと10年しないと繋がらないと、ある自民党代議士が言っていた。そんな間抜けの代議士や役人に政治や行政を任せている国民は哀れである。
 また、高速道路が有料なのは日本と韓国とイタリアだけなのに、この事実も意外に知られてない。多くの国が無料なのに、日本で無料にできないはずはないと思いませんか。高速道路無料化を掲げている民主党も「なんで、どのようにし」の処方を示していないのは、確信がないからである。もっと勉強して欲しい。

 そこで、帰国後、60万運転者時代を想定した運転者教育施設の構築を計画した
 当時県内の運転者は10万人程度であったが、車の先進国アメリカは国民の60%が運転者であった。山形県の人口を120万として、半分の60万の運転者時代は近い、と予測し、運転者の教育センターの構築を計画、用地の拡大確保、施設の新設増改築、先進教育機器の導入、人材の確保等の事業を次々に実行した。
 その実行を支援してくれたのが、部内では武田安雄・大野哲雄本部長、奥山繁次郎交通部長、職員各位であり、県では、安孫子知事、阿部・青山財政課長 河川課長、土木部長が理解を示し、協力してくれた。
 モータリセ゛ーションの健全な発展のためには、運転者教育はきわめて重要であり、その教育段階は、初心者教育、運転者として公認の運転免許、運転者の再教育と広範なものである。各般にわたり大改革を行なった。

 その主要なものをあげれば、
 1 運転者養成教育機関の自動車学校指導員の倍増をはかり、運転者の大量養成に貢献した。
 2 安全運転学校をつくり、再教育の充実を図った。
 3 高速走行訓練等実習施設の設置をはかった。
 4 教育資料の出版配布等

 である。 
 運転者養成教育(初心教育)については、自動車学校関係者の意見を受け入れて各般に渡る改善をおこなったが、指導員の倍増は歴史的改革であった。当然のことを当然として行ったことが、異例の改革であるところに、お役所仕事の問題点がある。今日も同じである。
 当時は、車社会の進展の中で、運転者が激増する情勢にあった。そして、自動車学校に入りたい人が、溢れていたのに、学校では指導員が足りなくて、悲鳴をあげていた。指導員の資格認定が、警察の仕事で、厳しい試験を行い、合格率が10%に満たないものであった。もっと指導員を増やして欲しい。それが社会の強い期待と要請であるのに、警察は、これに背をむけて、落として楽しんでいるに等しい残酷な態度をとり続けた。私は当時交通部外にいたが、たまりかねて改善を求めたが、聞き入れられず、汚職事件も発生した。
 にもかかわらず、改善がないままに経過していた。私は、免許課長就任と同時に「よし、いまこそ」とその改善に取り組み、指導員資格受験者を免許センターに集めて一週間の研修を行い、十分実力をつけさせて、その最後に試験を行なった。その結果は合格率が70%以上となり、これを数回繰り返して全県の指導員を倍増した。その結果、需要供給のバランスがとれ、運転者の大量養成に貢献した。
 社会情勢の変化に対応して、公正能率的にして且つ柔軟な対策の実施である。この姿勢は今日もあらゆる面に同様の不合理な事案が山積しているので、現実の身近な矛盾に目を開き、勇気を持って大胆に改善しなければならない

 さらに、運転者再教育施設の整備を図った。折から免許更新の際の更新制度の導入もあり、その講習と交通違反者の再教育のための講習、其の他の運転者教育を綜合的に推進する組織施設として安全運転学校を設置した。

 その付属実地訓練施設としての訓練場の設置を立谷川河川数を選定し、県の河川課長と安孫子知事と阿部財政課長の協力で完成した。
 一級河川立谷川の管理は建設省直轄であるので、県河川課長に赴き、河川敷両側約10キロを運転者教育実地訓練に使用したいと申し入れた。課長は法令集を取り出し「この規定で河川敷を活用できる事項に自動車の運転練習はないので、利用できない。」と言われた
 それで、規定をちらりと見ると「原則として」と書いてあるので、すかさず「例外があってもよいのではないか、またこの規定が施行された頃は車社会でなかったが、情勢が変化している、また、立谷川は山形県民の河である、管理を建設省に任せているに過ぎない。したがって、県民の多くが幸せになるための利用を、建設省が拒むはずがないのではないか」と話した。東京大学工学部出身の若い河川課長は、すぐ私の意見に共鳴して、それでは、建設省と折衝しましょうと協力を約し、てきぱきと諸般の事務をすすめ、最後に私を上京させて建設省幹部との協議に持ち込み、了解を得たものである。このときの河川課長は、建設省採用の官僚で、その後、何年かして、私が交通部長のとき、山形県土木部長で再会したので、天童のもがみ荘で、会食して謝意を表したものである。私の知る限り、官僚は国家国民のために仕事に情熱を傾けている人が多かった。

 予算の確保。阿部財政課長の英断で、課長査定で巨額の予算を確保した
 安全運転学校を含めて、数億円の予算で、今で言えば、20億30億規模の巨額の新規事業であるので、知事査定までいって、ようやく何割かが確保できるかどうかと見られていた事業である。これを会計課長サイドに任せては置けないと思い、直接財政課長に面会を求めて説明を行い、全額要求どおり、財政課長査定で予算を確保した。

 阿部財政課長をたずねたとき、課長室のそばで待っていたら、「免許課長が何しに来た,会計課長ならわかるが。」と言う声が聞こえたので、面会を断られるおそれがあると思い、さっと課長室にはいり、用件を伝えて立ったまま説明を始めたら、課長みずから椅子を持ってきて机の前におき勧めてくれた。向き合って、60万運転者時代の到来を想定した壮大な夢のある計画であることを説明した。課長は真剣に聞いてくれたので手ごたえを感じて帰ったが,巨額の新規事業の課長査定で、全額認められたので予算担当会計職員も前例がないと驚いていた。
 当時の県総務部長は石橋を叩いても渡らぬ人で、いばっていたので、部長査定まて上がれば、おそらく惨憺たるものになったことであろう。県庁内では厳しいと言われていた阿部財政課長は「県民を愛し大胆に決断のできる情熱の人であった」。

 安全運転学校の講師団の人選にあたり、有能な先輩を起用して最強の布陣を行なった
 更新時講習は新しい事業であり、その効果は社会の注目を浴びる重要な仕事なので、人選は慎重に行い、先輩のなかでも安定した能力をもっている元刑事部長、鶴岡署長、米沢署長経験者などを配置した。その方々が情熱をこめて講習にあたり、県民の評価は大変よく、成功した。これらの方々は県庁の嘱託とか企業の幹部としてつとめていたが、薄給でもあり、県警幹部の評価と威信にもかかわると思っていたので、その救済を図るため呼びかけたところ、喜んでこれに応じてくれたものである。再就職はその意欲と能力に応じたものであること、同時に再就職者も甘えを排し、単なる天下りの批判を受けないよう、全力を傾けて社会に貢献しなければならない。

 先端的教育機器を導入した。
 運転者教育に、視聴覚教育機械を導入するため、その調査検討を行い、当時としては最新鋭の教育機材を選定してその導入をはかった。隋意契約であるが、業者としては新しい機械であり、社運がかかっているので、真剣に両者が知恵をしぼり、一体となって装置を研究して整えた。破格の安値で契約、予算の効率的運用もはかった。
 最先端の視聴覚機材を存分に活用した運転者教育は全国警察と大学その他の教育機関の注目をあび、あっという間に全国の教育機関に視聴覚教育施設が普及し、電気業界も競って機材の開発製造に当たった。

 マスコミ対策として、60万運転者時代にむけての事業の計画を山形新聞を通じて報道した
 事業の実施を確実なものするために、財政課長や河川課長らが理解しているとしても知事議会の関係もあり,県民に情勢を理解させておく必要があるため、広報記事を作成山形新聞の取材に応じた形で報道した。これには 末尾に「県の関係者も理解を示している」と記述した。事前の草稿を見た大野本部長は、「県の関係者も了解している」とするようにと提案された。しかし、その表現は行き過ぎで物議をかもすおそれがあるので、「理解」の表現を適当として報道した。案の定、総務部長が「理解」を「了解」と読みちがえたのか、「だれが了解したのか土木部長を呼べなどと騒ぎたてた。それを聞きつけた我孫子知事が、どれどれと新聞記事を見て、「なにも悪いことは書いていない、いいことじゃないか」と言われたので、総務部長も黙ってしまい、騒ぎが収まったといういきさつがあった。
 運転者教育資料館の設置と指定自動車教習所協会事務所の設置を行なったこと
 これも運転者教育の充実のための行政措置であり、反省事項であるので記録にとどめておく。
 この問題は私が交通部長として関わりを持ったものである。
 当時、教習所つまり自動車学校の協会では、免許センターに近接する場所に事務所を設けたいとの希望があり、さがしていたが、適地がなくこまっていた。反面、免許センターには広大な土地があり、草ぼうぼうの空き地もあった。しかし、県有地に公共的機関とはいえ協会の建築物を建てさせることには異論が出るおそれもあるので、名分を立てる必要がある。そのうえ免許課長時代からの構想で交通資料館を作りたいと思っていたので、この際その実現を図ろうと計画した。そのため協会では、事務所を建てるとすれば土地代と建物の建築費がかかるので、建物の建築費相当額を県に寄付し、県はその経費で資料館を建築し、その資料の管理を協会に委託し、協会は事務所を置いて資料の管理にあたるとすれば、一挙両得である。

 そのため免許センターの遊休地200坪を予定地にして、県の青山財政課長と折衝、安孫子知事の承認を得てその計画を実施に移した。協会は適地に事実上必要な事務所を設けて免許センターと密接に連絡がてきることとなり、土地代が節約できた。県つまり警察では、資料館を建築してその二階に資料を集積して、その資料の管理運営を協会に任せれば、経費はかからず、目的をはたすことができる。官と民が協力して国民に貢献できる事業である。安孫子知事は柔軟な判断の持ち主であった。

 そこに集積する資料とは、自動車、運転者教育、運転免許、交通事故事件、安全施設、安全教育、道路、事故統計などなど世界の資料を集積して、世界的視点で行政と大学でも活用できる資料館wp整備しようという構想であった。
 その資料収集費は公費と寄付金として順次確保する方針であった。

 そのとき、米沢市議会副議長で保護司会県副会長の佐藤さんが見えて、保護司会会長の関東医師製薬社長が公共に寄付したいと言ってるから活用しないかとの話しがあり、すぐ協力を依頼、医師製薬社長は、全国にも例のない新しい夢のある発想と評価して、当面の資料収集費500万円を会計年度中寄付してくれると約束してくれた。その話がまとまった直後に、私に鶴岡署長への転勤発令があり,後任の交通部長にひきついで転勤した。

 ところが、その後、交通部長ほか関係者が、われ関せずと動かず、善意に応えないで放置し、その後歴代の交通部長も意欲なく、空文に帰してしまった。
 私と後任の交通部長のときの本部長は県議会で「先頭を走ってつまづくな。びりでは目立ち過ぎる。びりから二三番目くらいのところを、とことこ走るのが、公務員として一番上手な生き方である」と公言する、あきれた「哲学」の持ち主だったから、警察庁指示以外の余計なことはやるなと、抑えたのかもしれない。
 あれから32年間、協会では事務所として利用し、その意味での目的は果たせたが、免許センター新築にあたり、協会は単なる民間企業扱いで、免許センター内への移転もかなわず、事務所は解体されて、民間施設を賃貸して事務所を維持しているとのこと、あわれである。

 私は自動車教習所は初心運転者教育を担当し、かつ公安委員会の委託をうけて仮運転免許試験を代行している公共機関である。したがって、運転者教育を総括する警察は、両者一体となって、その堅実な運営をはかり、交通の安全と円滑を確保する責務を果たさなければならない。そこで、交通安全協会や安全運転センターに準じた扱いで、健全な運営が成り立つように積極的に支援協力をするべきものと思っていた。
 そのため免許センターの移転にあたり、「協会からその他の賄賂を受けているわけではないのだから、傍観せず、堂々と、積極的に支援して、免許センター内に事務所を入れるか、現存の事務所を存続して使用できるようにしてあげたらどうか」と交通部長に助言したところ、「賄賂」という言葉に異常反応して反撥され、「会計事務員に検討させている」として、本部長知事を含めての協議対応を求めた私の提案を拒否した。
 その後、協会がある特定の代議士に顧問料として献金しているとの批判的な報道があり、運営が役所で距離を置かざるを得ない不明瞭な事態にあったとすれば、問題で、悲劇であり、改善を要するものである。
 お互い協力して国民の幸せのため公正明瞭、堂々とその歩みを進めていただきたいものである。また最近、入校生の減少で、学校施設に余裕があれば、社会情勢の変化に合わせて各種教育施設への活用など経営の多角化戦略により、社会の発展に貢献してほしいもので、そのための規制緩和には警察として前向きに対処してほしい。賄賂は受けるな、しかし公企業に限らず民間企業も積極的に育成すべきものである。それが汚職の反動として手を貸すことを躊躇する傾向が出ていることは問題である。

 私心なく、ひたすら人々の幸せを求めて情熱を傾けている人に賄賂の提供をするものはいない。反面、思わせぶりに仕事を停滞させ、もの欲しそうなそぶりを見せる政治家や役人には賄賂が集まる。それが私の確信である
 金が無くて仕事ができないのではない。意欲と夢がないから仕事ができないのである。人々を幸せにしようという情熱のあるところに金も力も生まれてくる。新しい年は、既成の成り行き任せのルールでは生きてゆけない混迷の時代になった。いまこそ、ピンチをチャンスに変えて躍進をはかる絶好の機会として、知恵を出し、輝かしい歴史を作ろうではないか。

(2009年1月14日)
目次へ戻る

消防団員の殉職事件を警察活動協力事案として処理して、補償について誠意を尽くして対処したこと


 昭和  年、大蔵村で村祭りの夜に警備に出ていた消防団員が泥酔した暴漢に襲われて殉職した事件が発生した。
  事件は殺人事件として犯人は検挙されたが、さらにその補償の扱いについて議論があり、当時の本部長は警察官の職務の協力事案として扱うことを躊躇し、消極的な姿勢を示し、主管課の警務課幹部がこれに同調した。

 私は監察官付次長(警部)として表彰事務も担当していたので、この種の事案は協力事案であると同時に警察庁長官の協力賞該当事案と判断し、所轄署の報告を待たずに直ちに現地に赴き、 詳細に事件の実態を把握し、長官協力賞上申書を作成して本部長に提出した。
 これを見た本部長は「これでは協力事案でないと否定するわけにはゆかないな。」と洩らし、協力賞上申の決済をされた。
 これにより主管課の方向も決まり、遺族に対する見舞金、保証金、年金、奨学金の支給も手厚く行われた。 夏祭りの警備は警察活動の一環でありかつ管轄駐在所の警察官の要請により出動した消防団員の殉職は、明白な警察活動にたいする協力法適用事案てある。

 遺族にとっては、お金なんか要らないお父さんを返してという心情ではあるが、部内の抵抗を排して、当然のことながら全力をあげて対処したものである。 これにより本部長も結果的に救われたことになったのではないか。
 
  その後何年かして、新庄警察署所轄で死体の運搬作業に警察からの協力要請に応じて協力した消防団員が山の斜面の雪道で足をすべらして川に転落、殉職した事件が発生した。

 これも明白な警察協力事案であるにかかわらず、当時の本部長が責任を回避し、消防の地方自治事務であるとの変な口実をつけて、補償を拒否して責任を市長に押し付けた。
 
 私は当時交通部長で担当部長ではなかったが、大蔵村の前例に照らしても協力事案としての補償を主張したがききいれられず、他の部長は本部長に消極的ながら同調していた。

 この事件は、市町村と県下消防団の激しい反発を呼び、警察と消防の長い歴史の過程で築かれた緊密な信頼関係に重大な溝をつくった歴史的な悲しい事件となったものである。  県の財政課担当者も当然に警察から補償のための予算措置を求める話があるものと待機していたが何の話も無く、異様に思ったと言っていた。
 部長会議メンバーの一人としてこれほど無念の思いをしたことはなかった。

昭和43年 米沢署長 栗子検問所

 これに先立つ米沢警察署長時代に、県立高校生徒が冬山の滑落訓練に際し、表層なだれにあって遭難した事件があった。 このとき署長として現地に近い板谷警察官駐在所に対策本部を設けて指揮していたが、副知事の荒木さんが県庁からとんできた。そこで事件の詳細を説明した。

 副知事は「県としてどうしたらよいでしょう」と言われたので、警察として、「引率の先生を業務上過失致死事件の被疑者として、 取り調べを行うが、諸般の実態からして有罪にはならないだろう。しかし有罪にならないからといって、何の責任も無いとはいえないものである。
 遺族からすれば、朝元気に学校にだしてやり、いわば学校に預けた子供が、冷たい死体となって帰ってきたことには耐えられないだろう。 その心情にどう応えるかである」と言ったら、「具体的にはどうしたらよいか」と言うので、誠心誠意積極的に遺族に接し、 交通死亡事故の自賠責保険金の2000万円+若干の見舞金を「見舞金の目安」に慰められたらどうか」(自賠責保険金は死亡した被害者に過失があっても2000万円支払われる。) と申し上げた。

 副知事は「そのようにさせていただきます。」と帰ってゆかれた。そのご遺族とのトラブルも無く。引率の先生は起訴猶予処分となった。

 この事件を通じて、荒木副知事がニュースを聞いて、すぐ現地に駆けつけて、事件の実態を把握し、積極的に遺族対策まで自らの責任において適切な行動をとられたことに深く敬意を表したものである。

 その後、私が警察を離れてから、新庄市立中学校のマット事件等もあったが、この事件では県も市も、教育関係者もその動きが消極的で、校長も専ら責任回避に終始していることに怒りを感じたものである。
 いたづらに関係者が責任回避のための果てしない闘いを続けて、人間にたいする思いやりを欠略していることに反省がないのはどうしたことか、情けないと言わざるをえず、きびしく反省を求めたい。

     一冊の本

 私の許に一冊の本がある。社会思想社編『社会科学大辞典』(改造社版、昭和五年)である。本文1269頁、和文・欧文索引131頁の大部な本である。
 この本は警備部長、山形署長を歴任された大阪勇氏よりいただいたものである。大阪氏は「この本は先輩の長岡萬治郎さんから、“山形県警察を代表する警察官としての君にこれを託すものである”と言われていただいたものである。これを将来、県警察をになう優秀な幹部として活躍されることの期待をこめて、池田君に引き継ぎたい」との話をされて下さったものである。「三種の神器ではないが、三種の神器のような扱いをされた長岡さんの態度は」と笑いながら話をされた。
 私は警部で、監察官付次長であった。
 この『社会科学大辞典』は社会主義運動家のバイブル的な本であった。軍国主義時代にはこの本を持っているだけで共産主義者として弾圧された時代もあった。
 おそらくこの本も幾多の運動家の手を経た後に警察側に押収され、遂に取締に当たる警察官の勉強の資料として活用されたものではないだろうか。
 この本は国家と国民の長い変化の時代を無言で見つめてきたものであり、声を出して語りたい衝動に駆られているにちがいないと思う。 (2009年5月23日記)
目次へ戻る


刑事事件の「検挙率80%」、警察職員300名の「規律違反ゼロ」


 「指導者は、人々を愛し、その幸せを願う燃えるような情熱を持ち、すぐれたものにあこがれ感動することが必要である。」

  警察官として、山形警察署長としての2年間は、(昭和56年・同57年)37年間におよぶ警察人生の集大成ともいうべき、「有終の美」を飾ることができた。 とくに昭和57年は、警察本部長総合監察において、警務、会計、防犯、刑事、警備、交通の全主管にわたる業務の評価が「優秀である」という、前代未問といってもよい講評をうけた。

 刑事事件の「検挙率80%」を確保し、警察職員300名の「規律違反ゼロ」は特筆すべき、歴史にのこる実績となった。

 この実績は、情勢分析を徹底して、意識的計画的に運営の改善をはかり、「親切な温かい警察運営」を掲げ、全職員一体となり、爆発的にそのエネルギーを投入した結果である。ともに汗を流した同志300名の職員に感謝し、その歓びと誇りを共有するものである。

 この実績確保の戦略戦術は、官民を問わず,いつの時代にも通用するものであるので、僭越ながら、あえて率直に記述し、社会に貢献しようとするものである。

           運営の着眼

 はじめに、情勢分析を正しく行なったこと。

 着任前の山形警察署は犯罪の検挙率が50%台で、職員の規律違反が相次ぎ「職員が二人以上で飲酒するときは署長の承認が必要との指示も行なわれ、職員は過労で,陰欝な空気が漂っていた。各主管の業績も低迷していた。
 そこで、職員の士気をたかめること、仕事の目標と問題点を明らかにして、具体的な対策を明示すること、を重点に、伸び伸びと職務に専念できるように配慮した。

 具体的には  その第一は、職員全体の視点を「市民」に集中させたこと。
 警察運営の基本的姿勢は、昔から「正しく、強く、明るく」とされてきたが、どちらかといえば、職務の性格上「正しく強く」が強調されて、職員の視点は上司にむき、その「指示に忠実」だけとなりががちであるが、これを職員一人一人が市民の幸せのために自ら考え行動する、自主自律的行動を起こせるように、「親切な温かみのあるやさしい警察」を指針とした。
 そして、みんなが市民のためにどんな親切な行動を取り得るかを、常に意識してほしいこと。

 さらに「親切をして感謝を期待するのは心痛を求めているようなものである。ひとは困ったときのほかは自分の事だけを考えて生活しているものだ」とのデール・カーネギーのことばを引用し、感謝を期待しないで「淡々として親切に」を訴えた。
 同時に職員はそれぞれの体力・知力に応じて、自らの判断で、可能の範囲で働いてくれればよく、決して無理はせずに、遠慮なく必要な休みを取ることを求めた。

 第二に職員の気分転換をはかった
 着任早々に「わらびとり休暇」を与えた。年休も与えられずに夜間の張りこみ等で疲れ果て、交番所の休憩室が昼中、刑事の昼寝場所になっていたとのことなので、とりあえず一泊二日のわらびとり休暇をとらせることにしたら、各課ごとに交互にグループをつくり、縣内各地に出かけて、夜はのびのびと一杯やり、翌日山菜をたくさんとり、帰ってきた。

 第三に職員の表彰制度の整備運用を強化した。
 よいことに機敏に反応するよう各課長に指示して、活発な表彰をおこなった。
 その数は、300人の職員に、年間1000件の表彰をおこなった。
 一件500円の副賞はチャック付手帳に金色のマークいりとした。
 ひとりで何件も表彰を受けた場合は,休暇を与えて、実家の親兄弟にその手帳を差し上げさせ、家族も喜び励ましてくれた。

 年末に総括したら、一件も表彰を受けていないものが5人いたので顔ぶれをみるとまじめな職員ばかりであるので、よく評価するよう課長に指示したら、それそれ表彰に値する功績があり、年末まで全署員がひとりのこらず表彰された。その経費は年間50万円であった。

 第四に職員の配置がえは、事前に本人に事情を納得させてから、その了解のもとに行なった

 警察署長の人事配置権は巡査部長までであるが、職員からすれば、いつどこに飛ばされるかと、いらざる不安の原因となり、また署長によってはその権限をひけらかす者もいるが、職員に不安を与えないことは、重要なので、人事は公平に、適材適所で客観性あるものに、確信をもって対処した。その結果いやなところに不意に飛ばされると言う不安をいただくものはいなかった。

 第五に 職員家族合同の演芸会を開催した。
 年度末になると本部長発令の人事異動があり、それに関心が集まり心情不安に陥る職員も出て、交通事故を起こすこともあるので、気分転換の方法として各課各人それぞれに趣向をこらしての演芸大会を盛大に開催した。

 第六に仕事の目的と手段方法を明示した。

 毎月2回全職員集合の会議があるので、署長として訓示説示が行なわれるが これは大変なエネルギーを要する仕事で、各主管事務の当面する情勢と問題点と対策を具体的に明示した。



昭和57年▲(1977年) 山形警察署長


目次へ戻る
山形新聞 昭和56年3月31日
ズームアップこの人
山形警察署長になった

  池田 昭さん

  情理を強調




(写真は昭和57年
 退職時のもの)


 三百人近い職員を抱える県都警察の第五十四代署長におさまった。管内人口は一市二町の約二十六万人。着任あいさつ先だけでも六十カ所以上を数えるが、「人生の楽しさ、面白さは人との出会い、触れ合い。本部勤務と違ってマチの人と接する機会も出てくるし、その出会いがなによりも楽しみだ」とハードスケジュールのあいさつ周りを苦にすることなく、赤ら顔をほころばせる。

 昭和二十年六月の拝命で警察官歴三十五年余。その多くを交通、警備畑で過ごし、警備部長から山形署長に回った。
 だが、捜査指揮も中々、ツボを心得ているといわれており、鶴岡署長時代の土蔵破りによる刀剣大量盗難事件の指揮ぶりはエピソードのひとつにも。容疑者を逮捕したものの、がんとして自供せず、ポリグラフも拒否した。日曜日の朝、取調官を呼び諭した。「お前がやったんだろう、の一点張りではダメ。聞き役に回って罪を悔い改めさせるようにしなきゃ」。捜査員はとつとつと語る相手の男の人生に耳を傾けた。三時間後、男は大粒の涙をこぼしながら「すみません。私がやりました」と自供した。「技巧にたけるよりも、情理を尽くして説き、相手と一緒になって涙する心がなによりも必要なんだ」と口ぐせのように強調するのも、こうした体験で得た教訓からなのだろうか。

 刑法犯で全県下の三分の一、交通事故で五分の一を占める山形署。山形市役所汚職や東根市長汚職を摘発するなど重要知能犯罪に優れた力量を発揮し、江俣郵便局強盗事件では執念深い捜査で容疑者逮捕にこぎつけ、県都警察の面目躍如といったところだが、署長としての手腕発揮はこれから。
 「公正で能率的。しかも親切で温かい警察づくりを目指そう」と着任あいさつで訓示したが、「親切で温かい・・・を特に強調して書いて」と注文を付けた。
 「今こそ心の豊かさが求められる時代。人間を人間として大切にするような警察活動をしなければ、住民の理解や協力が得られるわけがないんです」。
 だが、そうは言っても市農協強盗や立谷川団地の強盗など重要事件が未解決では?「良い情報もあるが、もう少し工夫をこらし、総合的に取り組んでいくつもりでいますから、もう少し時間を。

 山歩きや川釣り、写真、絵など多趣味だが、「最近は忙しくて・・・」。山形市緑町一丁目の官舎に貞子夫人と二人暮らし。五十四歳。

 
目次へ戻る

人にやさしい行政 その参考事例

    1 古材活用で、たった2万円で50枚の速度標識を作り、
      国道13号栗子街道の交通事故を皆無にした

 昭和50年米沢警察署長を拝命、上杉鷹山公ゆかりの地で治安対策に従事した。
 交通死亡事故多発時代で、その抑止が大きな課題であり、安全協会その他関係機関団体の総合的活動を促進して、違反も少なく(新庄署の五分の一)、死亡事故は三分の一に抑制して評価された。
 特に国道13号栗子街道は、下り坂で屈曲も多くスピードの出しすぎによる事故が多発していた。その抑制には、スピードの安定が必要なので、速度規制の実施を本部に求めたが、標識の手当てができず、見送られた。
 そこで、急遽、米沢警察署新築にあたり生じた産業廃棄物の古木材の活用を思いついた。敷地内に積んであったのである。
 なんでも器用にこなしてくれる用務員の加藤助次さんに頼んで、速度40キロの規制標識50本を作り、事故多発地域5キロにわたり設置し、警察署長権限の速度規制をおこなった。
 その結果、自動車の流れが50キロに安定し、物損事故もふくめて事故は皆無となった。
 前年度は物損事故だけでも数十件起きて、その損害額は1600万円だった。標識つくりのペンキ代、たった2万円だけで、50本の標識をつくってくれた加藤さんの功績は偉大なものであった。
 運転者としては70キロで飛ばしていた道路を50キロを目安に走るのは少し窮屈だったかも知れないが、事故にあわず安全に、違反で検挙されることもなく通行できたことは良かったであろう。
  警察では、違反取り締まりも、事故捜査の負担も軽減できた。

    2 川西町役場前の駐車違反を白線一本でなくしたこと。

 同じく米沢警察署管内の川西役場前で駐車違反が多く、反則切符を切られる人が多かった。現地を見たところ、役場前の広場と道路の境がはっきりせず、30mと広いため、道路路肩の延長線を注意すれば、どこまでが道路かどうかを推認できるものの、混んできたときには、「まあよかろう」くらいの軽い気持ちで、道路に車をはみださせていることがわかった。 
 そこで道路と役場の敷地の境界にペンキで白線を一本引いたら、違反はなくなり、派出所警察官の取り締まりの必要もなくなった。
 違反検挙件数を警察官の勤務成績として評価し過ぎると、違法状態が生じやすい状態をわざと放置し、せっせと切符を切る弊害を生じさせるので、注意が必要である。

    3 臨機に標識を増やして駐車違反をなくしたこと。

 昭和52年鶴岡警察署長のときのことである。
 鶴岡公園の桜が満開のとき、公園内道路が駐車禁止規制なのに、違反者が多く、警察官が手を焼くだけでなく、桜見物の市民の不評もかっていた。急遽、持ち運びのできる駐車禁止標識を30mおきに設置したところ、駐車違反はなくなり警察官の取り締まりも必要がなくなった。

    4 砂袋を並べて、道路を狭く感じさせ、車の速度を安定させて事故を防止したこと。

 昭和56年4月宮城県境関山トンネルが開通した。仙台が近くなり交通量が著増、事故が多発した。
 その原因は、下り斜面ですピードが出て、路外に転落又は対向車との接触であった。その対策として、ガードレールの内側の外側線の外側に砂袋を並べた。これにより、道路がかなり狭く感じられて、運転者はスピードを落とし、またガードレールに触れる前に砂袋で事故を免れる効果が出て、事故の発生が大幅に抑制された。(山形警察署長時)

  「予算がない」「規則でだめだ」は親方日の丸のお役所仕事の通弊であるが、意欲と工夫で解決も可能である。
  人に優しい行政こそ、国民に信頼される究極の行政のあるべき姿である。
目次へ戻る
刑事警察について


 私が山形警察署長に就任した前年度、管内の検挙率が50%台で、職員全体が疲労困憊して、職員の事故も頻発したことは、何が原因かを分析すると、強盗事件が数件起きて、その捜査に全署員体制で聞き込みや張りこみその他に集中していたこと、そして検挙されないままになり、窃盗事件は放置されたままで、交通巡視員まで強盗捜査に動員されていたことにあった。当時、警察庁から重大事件に捜査力を集中するようにとの指導があり、金融強盗事件捜査一本やりの捜査体制であったことが原因と思われた。
 また、捜査は密行(密かに行うこと)が原則とされ、秘密裡にこそこそと捜査することが伝統とされていた。
 私はこの二つとも国民の目線にあわない誤った手法と判断した。

 そして、対策を立てた。
 第一は強盗事件等の予防対策の強化、
 第二は公開捜査、
 第三は職員のやる気の喚起である。

 第一については金融強盗事件特別警戒班の設置である。

 当時、強盗事件の捜査の過程での個別の虞犯者の絞込みの結果、暴力団員を含めて確かな生業を持たないものが2千人ほどおり、これらは、無線機で警察無線を傍受しながらマージャンをやっているものなどがいた。

 パトカー2台に武装警官4名2班を編成して、こ;れを金融機関、スーパー、パチンコ店等現金を扱うところを巡回させて、5分おきに本署に「○○銀行前異常なし」の報告を行なわせた。そして、その模様をテレビに随時放映した。

 その結果、この対策班運用前には、強盗事件が2件あったが、その後はぴたりととまり、57年には強盗事件は皆無となった。ちなみに、仙台では強盗事件が30件と多発した。

 第二の公開捜査は、警察職員300名が捜査するよりは、山形市民25万人に捜査をしてもらったほうが仕事が速い、そして特別幹部研修所の研究資料にも「これからの捜査は公開捜査を原則とするべきであると判断したのである。
 この場合、「犯人のみが知りうる事項で公判維持に必要な事項にかぎって、公開を控えること」とある。
 これは適切な手法であるが、刑事部職員で、この資料を読んだ人が少なく、バカの一つ覚えのようにあらゆるものを隠して、こそこそ捜査し、事件を迷宮入りにしてしまう誤りを犯しているのであった。

 私が山形署長の一年め、昭和56年の夏にパチンコ店換金所で強盗事件が発生したとき、刑事部幹部は、極力、報道を抑制しようとした。しかし、私は捜査の責任者として、断固これを拒否し、犯人の遺留品のダンボール入りスイカ(スイカ売りを装い換金所に接近した)、犯人の人相着衣など次々に発表し、その捜査経過も順次報道したので、市民の関心は日ごとに高まり、多くの情報がよせられ、スイカの写真が手がかりとなり、犯人に到達して検挙した。

 また、山形市の西部方面で何年にもわたり,車上荒らし事件が発生し、300件にも及び、中山町・山辺町・山形市の西部一帯の住民が恐怖にさらされていたのに、新聞発表も行なわず、捜査員が毎日徹夜の張りこみを何年も続け、疲労困憊していた。
 そこで、事件発生状況を地図に落として分析する一方、遺留品其の他を公表し、各部落ごとの説明会を開催、遺留品現物を持参して、住民の関心をたかめた。
 その結果、情報が続々と届けられ、容疑者がうかび、捜索の結果、膨大な贓品を押収した。この場合、唯一公開しなかったのは、犯人の足紋であった。

 警察の長い歴史のなかで、捜査技術も進歩発展し、究め尽くされているはずなのに、大変な落とし穴があることで、きびしい反省が必要である。

 また幹部は現場をよくみることである。報道も定例的なもの以外は、私自身が原稿を書き、見出しもつけて、新聞テレビに正しく報道されるように提供した。当時の報道機関もよく協力してくれた。

 第三の職員の意欲の喚起は、無理と無駄の無い勤務と、表彰制度の運用で、捜査員も外勤勤務員も手抜き無く、自転車の盗難もひとつひとつ丁寧に捜査した。
 検挙率を上げるために盗難届けを隠すなどの不正を行なった時代もあったとのことであるが、事件の捜査・検挙により、国民の信頼と治安の確保が目的であるはずで、検挙率の向上が目的ではなく、手抜きは許されないはずである。
 昭和57年の検挙率80%は結果であり、職員300名が、心をひとつにして成し遂げた金字塔である。

 検挙率80%はその後、柴崎本部長と多胡本部長が関心を示し、説明を求められたことがあった。各署の年次別検挙率もよく記憶なされておいでのことに心うたれたものである。

目次へ戻る

殺人犯逮捕


 小国署で、昭が巡査部長のとき、宮城刑務所を看守を殺して脱走した西村尊輔が、妻の実家の小国町滝部落に来るのではないかという手配書が来た。
 特別警戒に当たった池田巡査部長、高取巡査、菅原巡査の三人はサイドカーで警ら中、沼沢部落の片洞門で歩いている男を発見、「(西村だ)」と直感した三名は運転していた高取巡査がサイドカーを男の横に付け停車、サイドカーを降りた三名が男を取り囲むようにして、池田が拳銃を構え、「包丁を捨てろ」と威嚇、にらみ合った後、西村はふところ手に包丁を持っていたが、観念したようにくずおれ、菅原巡査が後ろから包丁を取り上げた。西村は「子供に合わせてくれ」と言った。西村には手錠をかけ、捕縄をかけてから、サイドカーの船に乗せ、池田が後ろから確保、高取巡査が運転し、菅原巡査が後ろに乗って小国署へ行き、署の留置所へ収監した。

 取り調べは本部からの署員が行ったが、留置所で西村は警官に逃走の経緯を話したという。無期懲役で服役していた彼は妻からの手紙に「育てきれずに娘を滝部落の実家に預けた」とあるのを見て、脱獄を決意、戦争中に彼も疎開した滝部落では部落民に疎外されたという意識を持ったため、あんなところでは娘がいじめられるはずだ、脱獄して娘に会おう、そして、娘がいじめられている実態を把握したら、娘をいじめた連中を皆殺しにしてやろうと思ったのだという。
 脱獄を決意した彼は模範囚となり、食堂の調理師となる。脱獄用の包丁を研いで準備したが、一丁だけ研ぐと怪しまれるので刑務所の台所の包丁をぜんぶ研いだという。脱獄決行の日、官舎から弁当を届けるように言われたと嘘をつき、看守を連れて刑務所を出る。官舎はすぐそばだが、刑務所を出たところで看守を正面から隠し持った出刃包丁で刺した。看守は西村が持っていた数多くの弁当に倒れ掛かってしまい、弁当があたりに散らばる。西村は人を包丁で刺すときの失敗しないやり方まで教えてくれたという。

 転がった弁当をひとつ抱えて逃走、線路伝いに歩いて山寺まで来て、その晩はある家に押し入り、女を強姦して泊まり、翌日は米沢市内まで来て徘徊。市内では子連れの女性宅に押しいろうと思ったが、思いとどまったという。手の子部落で寄宿して一夜を過ごし、次の日、夜中になってから滝部落へ行こうとして沼沢を歩いていたところだった。
 滝部落は当時はもっとも山の奥深い部落で10戸もあったろうか、みんな貧しかったという。

 娘は小学生になったくらいだった。約束だったので娘を迎えにいって、署内で対面させた。西村は子供に優しく、苦労話をする。娘は素直にうなづきながら聞く。聞いていた警察官も思わずもらい泣きをしてしまうような状況だったが、西村は話の最後にとんでもない教えを娘にした。「いいか、いじめられたら決してそのことを忘れるんじゃないぞ。そして、大きくなったら必ず仕返しをしろ」というのである。娘はそんな教えにも素直にうなづいていた。

 逮捕された直後、西村は抵抗もせずに捕まったことを悔やんでいた。宮城刑務所で彼は警察官の拳銃の一発目は空砲だと聞いていた。だから、警官が一発目を撃ったら、二発目を撃つ隙に警察の懐に飛び込んで刺そうと思っていたという。けれども、なかなかその一発目を撃たないし、自分と警官の間にサイドカーがあるため飛び込めずに、とうとう緊張感に負けてしまったのだと言う。一発目が空砲だなどというのは間違いだと銃倉を見せて教えてやったという。

 西村はその後、死刑判決を受けて、数年して刑を執行された。
 ところで、小国署にあったサイドカーは一台。警察官でも誰も運転免許を持っておらず、昭が電工の裏で運転し始め、ほかの人にも動かし方を教えたりしたもので、そのときは高取巡査が運転していたが、もちろん無免許だったという。   (談)

拳銃自殺と失踪事件を引き起こした暴虐署長 

 第二次大戦終了後の昭和20年代、占領軍による警察制度変更で自治体警察と国家地方警察の二本立てになり、市と町には自治体警察署が置かれた。
 私は酒田地区警察署で巡査部長試験をとり、昭和23年4月小国地区警察署に警備主任として着任した。庁舎は入口の右が町警察左が地区警察と同居していた。組織が別といっても、もともと同じ釜の飯を食った仲間同士であるから、お互いに隔意なくしごとをしていた。

 ところが、小国町警察署長のX警部は、神経質な男で、毎日部下いじめが仕事であった。署長室に部下を呼びつけ立たせたまま、延々とののしり続けていた。理由は日誌の字が間違っているとか、それを指摘しない監督指導が悪いとか、その気になれば理由はいくらでもつけられる。悪態罵詈雑言である。古参の部長二人はほとんど毎日、その他外勤巡査のあれこれも槍玉にあがっていた。毎日のことなので、またかと、怒られるほうも、馬耳東風に聞き流していると思っていたが、実際は当事者にとって、大変残酷なものであったのである。

 署長官舎前で古参外勤巡査が拳銃自殺をはかった。

 早朝、官舎入口前で拳銃をのどに当てて発射、自殺を図った事件が勃発した。すぐ病院に搬送されて手当てを受けた結果奇跡的に一命を取り留めたものの、重態であった。

 前夜私は当直勤務で事務室の真ん中にある火鉢を囲んで仲間と雑談していたが,外から帰ってきたY巡査が署長に電話をかけ、盛んに電話の前で、すみません、すみませんと頭をさげていた。またかとおもい、電話が終わったところで、あまり気にしないようにと声をかけ、慰めた。 帰ってくる時間が遅いというのが怒られた理由であった。本人はその後休憩し、一人で悩み、夜明けとともに官舎前で抗議の自殺をはかったものである。Yは古参のお人よしの巡査だつた。
 処分をめぐって公安委員会が紛糾、免職としたが、見舞金をおくった。
 一月ほどに入院して治療の結果回復したので、拳銃使用の自殺未遂事件は規律違反として処分されることになった。、三人の公安委員に署長を加えて懲戒審査会をおこなうことになった。 私は、元気のよい若手町署員、A、B両巡査と語らい、事件の原因は署長のいじめであるから、自殺を図った仲間を助けるためには、公安委員に実態を知らせる必要がある。懲戒審査会に弁護人として出席してはどうか、と提案した。、両氏はこれに共鳴し、二人が委員会に出て、Y巡査を弁護した。
 警察の懲戒審査委員会に弁護人が出たことは、前代未聞の出来事であった。
 公安委員も驚き審査は紛糾、結論をだせずにおわり、その後委員は各方面の意見をきき「理由はどうであれ拳銃を使用した責任は懲戒免職以外にない。」との自警連会長横山威氏(山形市警察署長)の助言を容れて、免職とし、反面退職金がもらえなくなるのでその救済の意味で、相当額の見舞金を与えることで決着した。

 送別会をして励まし、ふるさと鶴岡におくった。

 私は、町、地区両警察署の若手職員を自宅に集めて家内の手料理でささやかながら送別会をひらき、はげまして、彼をふるさと鶴岡におくった。彼はそのとき 拳銃自殺を図り心ならずも死をまぬかれたが、怪我が治ったら、あとは恨みがましいことは何も言わずひっそりとふるさとに帰るつもりであった。ところが、署長が病院にきて「いつまでも入院していられると町民から変に見られ「めぐさい。」早く退院して鶴岡にかえれ。」と言われたのでがっくりした。それで懲戒委員会に出席する気になり、「署長がもう少し優しくしてくれればこんなことにならなかった。」と言ったとのこと。彼の懲戒委員会における精一杯の抗議がたったその一言だけだった。それを聞いた私達は、なんとも哀れでやるせない思いをしたものである。(「めぐさい」は「みっともない」または「目障りだ」という意味である。)

 以上は私が24歳の青年警察官の時代の出来事である。公安委委員会はなぜ署長を処分しなかったのか,また同じ庁舎にいた地区警察署長は何で終始傍観していたのか。同僚としてX署長をたしなめ、Y巡査の救済に具体的な行動をおこせなかったのか、それらに、それなりに義憤を感じて、組織外の出来事ながら、せめてもの、私なりの、精一杯のたたかいであった。 結婚して間もない家内が、なにものもおそれずに、よく協力してくれた。
 この事件のときに署長を厳しく処分し反省させれば、次の事件は防げたはずである。

 若い警察官の失踪事件が発生した。バタンと大きな音を立てて扉が閉まり、彼は闇に消えた。
 Y巡査の拳銃自殺未遂事件があってしばらくしてから、署長に怒られた若い巡査が失踪した事件が起きた。
 そのときも、私が当直勤務のときであった。退庁時間後いつものように事務室の火鉢のそばでお茶をのんでいたら、外から帰ってきた私服姿の若い巡査が、署長に電話をかけ長々と話し込んでいた。、話終わった彼は、興奮して顔を真っ赤にしていた。
 私は「あまり気にするなよ、まずここに掛けなさい。」と火鉢のそばの椅子をすすめたが、彼は私の声が耳に入らぬように、応えもせず、思いつめたように目をうつろにして、私のそばをすりぬけ、出入り口の扉を力任せに勢いよく開けて、振り向きもせず、暗闇に消えた。そして「バタン」と大きな音を立てて扉が閉まった。
 それっきり彼の消息は消えた。生きている彼の最後の姿をみていたのが、私だった。

 翌朝彼が出勤しないことから大騒ぎとなり、職員総出で八方手を尽くして探したが杳としてその消息はわからず、失踪事件となった。現在も未解決である。それから何年かたって、電興会社裏山の雑木林に白骨があり、身元不明であるが、ひょっとしたら彼の自殺死体ではなかったかとの話があったが、確認が取れなく、いまだに消息不明となっている。

 この事件もいじめ事件であり、署長の責任を明確にして、相応の処分を行うべきものであるが、ろくな調査もおこなわず、失踪した本人の不適切な行動として扱われた。

 自治体警察はその後まもなく県警察として統合されたが、わずか数年の間に、変質的な署長によって二人もの犠牲者がでた事実は、昭和残酷物語として記録し、将来にわたる反省教訓としなければならない。

 X署長は県警察統合に際して警部補に降格された。その後全く人が変わったように個性を失い、各所属を転々して、米沢警察署外勤係長を最後に,勧奨に応じて退職した。

 私がこの問題を書く気になったのはなぜか、それは、この様な問題が、現在(2008年)でも、各方面で起きているからである。
 山形市役所でも、最近、上司のいじめで、優秀な職員ふたりが、病気になり長期の療養を強いられたとのこと。また酒田市役所八幡支所でも、同様事案で、健康を害し、退職をよぎなくされたなどの話がある。前述の残酷物語は単なる昔話として看過すべきではなく、現実の身近な社会問題として受け止めてほしいからである。情報化社会の今日、多くの情報を得て、人はなぜもっと利口になれないのか。変質、利己、傲慢、追従、無気力、その横行を許す「ことなかれ主義」について、お互いに厳しい反省をしたいものである。人はやさしさがいちばんである。
目次へ戻る

めくら状事件

 鶴岡市郊外に丸岡という戸数九〇戸の集落内で5年間にもわたり匿名の投書が各戸に郵送され部落の人々が不安と疑心暗鬼の渦に巻き込まれるという事件が発生したことがあった。
 地元を管轄する警察官駐在所に届けられたものだけでも70通にのぼり、実際はその二倍乃至三倍に及ぶものと推定されるものであった。その投書の内容は、すべて他人の中傷であり、浮気のうわさをその配偶者につげ、嫁と姑の仲たがいを生じさせるような悪意に満ちたもので、発信者の正体がわからないだけに不気味で、お互いにあれかこれかと疑い、部落全体が暗い雰囲気につつまれていた。

 私が鶴岡署長として赴任して間もなく、駐在所の細谷部長から注意報告として「めくら状事件」についてと題する書類があがってきたので、すぐその場から細谷部長に電話をしたら、上記のような実態にあること、そしてこのことは、これまで何回も捜査係りに報告して、適切な処置をしてくれるよう求めてきたが、署のほうでは「事件にならない」とのことで相手にしてもらえないできているが部落の人々にとっては大変な事態であり、なんとか解決してほしいと陳情され困っているものである。とのこと、それではと早速細谷部長に会って詳しく経過を聞き、検討した結果、部落の人々の期待に応えて、正体をつきとめ解決をはかること、そためには、投書の内容からして悪意にみちており、異常であり、放置しておくべきものではないこと、名誉毀損、脅迫容疑事件として捜査を行うことは当然の職責であり、最終的に有罪になるがどうかは、捜査を遂げた上での問題であるとして直ちに捜査の開始を指示した。

 そこで細谷部長は筆跡資料の収集にあたり、公民館を利用しての各種の催しに出席者の記名を求める書面を置くなど、主催者の協力をえて広範な資料の収集を行い、その筆跡を鑑定したところ、被疑者が判明するにいたった。

 しかし、部落内を何年も震撼させていた事件だけに、すぐ被疑者の取調べを行えば、おそらく自責の念に駆られて自殺の結果を招く恐れありと判断し、自殺予防のためには被疑者に与えるショックを、段階的に少しづつにしようと考え、三段階にわけてショックを与え、最後に被疑者の自首によらしめるように取り計らった。

 その第一段階は、筆跡鑑定の結果被疑者が判明したので、事件は一挙に解決に向かったが、被疑者の自殺予防のため、第一には、めくら状事件の捜査を本格的にはじめた、という噂をながした。

 第二にはそれから1週間してからどうやら犯人は判りそうだという噂を部落内の話題にした。さらに一週間して、警察では犯人がわかったらしいが、自首してくるのを待っているようだ、という噂をながした。
 そして被疑者の様子を注意深く見守っていたところ数日して、駐在所にあらわれて申し訳ありませんと自首するにいたった。細谷部長はわかっていたが、あなたが自首してくるのを待っていたものであること。これまでのことは十分反省して、今後はこのようなことはしないことなどを静かに諭し、夫をよんで、事情を教えて被疑者の動静を注意深くみまもるように説示してかえした。

 このようにショックを少しづつ与えた結果、落ち着きをとりもどしたので、犯行の全容について本格的な取り調べを行い、押し圧痕のある便箋その他の証拠品を押収し、被害者の取り調べを遂げて、自殺のおそれのないことを確かめてから、事件の全容を報道した。起訴猶予の意見をつけて送検した。

 数年にわたる特異な事件だけに、大きな話題となり注目をあびた。
 被疑者が話題外の意外な人物だけに、反響も大きく、また被害者の憤慨も盛んで、不穏な空気があったので、被害者を公民館に集め、事件の捜査経過を報告した。

 被害者は口々に厳しく被疑者を糾弾する発言があり騒然としたが、言いたいだけ言わせてから、最後に「この事件でいちばんのかわいそうな人は犯人本人で、これからの長い人生を重い重い荷物を背負って坂道を歩き続けなければならないあわれな人生をおくらなければならないものである。」ことを話ししめくくりとした。

 反省として、警察として再三の届けを受けながら放置していたことである。

 教訓として、筆跡鑑定による犯人確定後、自殺予防のためにショックを少しづつ時間をかけて与え、自首をうながしたこと。被害者の鬱憤を吐き出させる機会をつくってストレスを解消させる処置をとったこと。これらの措置により警察と住民の信頼関係の回復に大きな効果があり、以後住民の協力が著しく高まった。
目次へ戻る

自動車教習所指導員資格試験問題漏洩事件


 警察の不親切な行政が原因であった。    
 私が監察官付次長のとき、教習所指導員の資格試験問題が漏洩し、試験に不正があるのではないかと産経新聞の記者がさわぎ、大問題になり関係者上司が処分をうけた事件があった。

 A部長がある日私を訪ねてきて「おかしな話がある。B自動車学校の指導員資格試験の成績か゛非常によかったが、試験問題が漏れていたのではないか、という噂がある。」といったので、すぐに担当の交通二課の次長に調査を行うように要請した。
 次長は確かにB校の受験者の成績がとくによかったので不思議におもっていたとのこと、不正があれば大問題であり、即急に対策を講ずる必要があるといっておいた。

 その後、数か月たってもなんの話もないのでまさかと思っていたら、新聞記者Cが「指導員試験に不正があった」と騒ぎだした。
 そこで、試験担当者など関係者から事情を聴いたところ、試験には直接関係のないはずの交通二課D警部補が、B自動車学校設置者のE氏に頼まれて便宜を計らい、その結果として、合格者を多く出したのではないかという疑惑が判明した。 

 試験問題はF警部補が作成し保管していた。D警部補は担当が異なり、試験問題の作成にはかかわっていなかったが、それまでの経験から想定問題を作成し、正解もメモしてそれをE氏に提供したもので、かなりの確率で正解があったものとおもわれた。 
 これは明らかな不正であり、このことにより合格した指導員の資格は取り消し、また、その指導員から指導をうけ免許を受けたその免許の効力はどうなると考えると、その波及するところは広く、多くの県民が被害をうけることになるので、どのように収拾したほうがよいか、検討した結果「試験問題そのものではないが、かなりそれに近い模擬試験問題での指導を行ったもので、公正の確保の点からみて問題があり、関係者については厳重に処分する」との方針をきめて、夕方の報道締め切り間際に警務部長から発表した。

 記者Cはその発表内容に異議を唱えたが、他の各社は発表どおりにあわてて記事をおくり「模擬試験問題」として報道が定着し沈静化の方向にむかった。この事件でD警部補は諭旨退職、関係上司はそれぞれに処分をうけた。

 この事件の反省としては、当時モータリゼーショーンの過程で運転免許所得者急増の時代で自動車学校の指導員不足が深刻な事態にあり、その増加が緊急の課題であったが、交通部ではこれに対する有効な対策をとらず、資格試験にいたずらに難解な問題で合格するものが10%以下と少なく、各学校間で指導員の引き抜きなどで争いが絶えず、D警部補がターゲットにされたものであった。交通部の硬直した不親切極まりない姿勢の所産である。

 その後、交通二課は課長が変わったが、指導員を増やす対策はとらず、深刻な事態が続いていた。
 私は課長になって、直ちに、指導員試験受験者を7日間免許センターに集めて徹底的に教養し、その最後の日に試験をおこなったので80%以上が合格した。
 これを数回繰り返したので、指導員はちょうど二倍にふえて需要を満たし免許所得者も教習所もみんなよろこんだ。

 社会の変化に即応して公正能率的にして柔軟な対応をすること、行政需要に見合った迅速な対応こそ県民の信頼にこたえる道である。 

                           平成19年(2007年)10月13日記

目次へ戻る

  街路の多角的な活用について 道路は市民のものである
豊かな市民生活の確保のために多様な使い方を考慮すべきこと


 道路は道路管理者としての、国、県、市町村がそれぞれに施工と維持管理を担当し、公安委員会つまり警察が通行の規制を担当している。これまでの道路行政は、モータリゼーションの進展の過程では、立ち遅れていたため、渋滞が常態化し、いかに円滑に車を通行させるかに苦労してきたものである。そのため道路は人や車をとおすためにあると、その他の利用に理解がなく、硬直した運用が行われる傾向にある。
 しかし道路整備が進展し、通過交通はバイバスで吸収できるので、街路については多様な使い方ができるよう、柔軟な対策を講ずべきものである。
 昭和56,57年、私が山形警察署長に就任、「道路は市民のもの」として、交通規制や使用許可について、次のとおり柔軟な対策を実施したものである。

 1 「初市」開催時間を勤め人の退社後にも買い物が出来るよう延長した。
 (午後5時で終了と規制していたが、それでは退社後に買い物ができない。そこで、延長を認めた。関係者が相談して午後6時までの延長を決定した)

 2 観光物産市のアイデアを提供し、以来今日まで、20数年にわたり、全県の観光物産の宣伝販売に貢献した。

 3 花火大会の混雑緩和のため、国道13号線から東側一帯の街路を駐車場に開放、(駐車禁止道路を駐車場に指定した)数千台の車を収容して整然と花火を楽しめるようにした。

 4 夏祭り等に伴う夜店その他の道路使用を広範に許可した。

 5 植木市の場所を拡大した。

 6 消防演習分列行進を霜城公園から、七日町通りへの移行を勧告した。

 7 冬の蔵王スキー客の混雑緩和のために、除雪の夜間実施、バスの一方通行、整理員の大量派遣、チェーン装着場に道路を広範に開放等、総合的な対策を総動員して、解消した。
 (国立公園の道路規制では夜間の除雪は行えない。しかし、法律には緊急避難措置に関する法律がある。それを適用すれば夜間の除雪が可能である。)

 8 本町・七日町の一方通行解除の検討を行い、本部長から試験的としてやってみたらとの意向をとりつけたが、地元の賛否が分かれて、解除しないでしまった。解除は可能である。


今後については

 1 駐車禁止道路の夜間早朝の荷物の積み下ろしのための解除

 2 広い歩道のレストランその他の使用許可

 3 裏通りの駐車場への開放、
 など、市街地の活性化のためにも多様にして多角的な道路の利用を考慮してゆくべきである。

      (平成18年8月20日)
  法律の総合的かつ柔軟な運用

 国定公園〇〇規則違反の責任は警察署長が負いますので雪が降ったら夜中でも除雪して車を通れるようにしてください。と冬の蔵王大渋滞を、法律の総合的かつ柔軟な運用で解消した話である。

  ○ 昭和55年の冬は蔵王温泉スキー場が大混乱。豪雪でもあったが交通の渋滞で、午前9時に山形駅を車で出発したスキーヤーが蔵王温泉に着いたのが夕方の午後4時。スキーをせずに帰ったというほどの混乱が生じ、大変な不評をかっていた。
 とくに県外首都圏の客からは、喧々諤々の非難がよせられた。行政機関はお互いに責任を回避し、天災のせいにした。

  ○ 昭和56年山形警察署長に就任した私は、渋滞の原因を分析し、渋滞解消対策を樹立した。
 原因(1) 道路が雪で凹型路面となり、大型バスが交差の際に車体上部が触れ合ってすれちがいが不可能であったこと。これが最大の原因であった。
 原因(2) 道路および駐車場の除雪が不徹底であり、整理誘導をしていなかった。
 原因(3) チェーン装着場を数箇所設置し、そこでチエンの装着を指導したため、その交代に時間がかかり、渋滞に拍車をかけた。
 以上の分析から、冬の到来を前に、市・県・建設省・山形交通・蔵王温泉関係者と語らい、組織対策を講じた。
 組織対策(1) 蔵王冬季交通対策本部をつくり、金沢山形市長を本部長に、山形警察署長は副本部長とした。
 組織対策(2) 現地の蔵王温泉で対策会議を開き、あらかじめ作成していた対策を示し、協議した結果、関係者全員が力を結集して渋滞を解消し、蔵王温泉と蔵王スキー場のイメージアップを図ることを確認した。
 その具体的な渋滞緩和対策とは
 対策 (1) バスの一方通行:路面の凹型解消のための除雪は困難であるので、蔵王温泉から上山市小倉経由国道13号に至る県道の除雪を強化し、バスが通れるようにして下り専用に、蔵王公園線は登りの一方通行とする。すれちがいなし。
 対策 (2) 道路および駐車場の除雪の徹底と車の整理誘導: 除雪が遅く、朝スキーヤーの車がきているのに道路に50センチも雪があり、通れない状態であったので、降雪があれば、深夜でも除雪して、通路と駐車場を開放しておくこと。さらに無線機を持つた整理誘導要員の配置を行うこととした。
 このとき除雪業者から「国定公園○○規則によって午前8時にならないと除雪していけないことになっている。」との話があった。私から「○○規則違反の責任は警察署長が負うことにするので安心して除雪してください。」と申したら「それならありがたい雪が降ったら夜中でも除雪して通れるようにする。」と協力を約した。
 整理誘導員は温泉街からと警察署員が手分けして当った。
 対策 (3) チェーン装着場所の大幅な確保:国道13号線約4キロ、成沢から半郷までの間、道路路則をチェーン装着のための駐車場に指定し、蔵王公園線に登る前にチェーン装着を完了させて、装着のための渋滞を全面的に解消させた。
 対策 (4) 広報活動の強化:マスコミや関係各機関がそれぞれに広報につとめて、円滑な交通の確保につとめた。
 大渋滞のときも、それぞれが法律に忠実に従っていたもので、俺は悪くない、と言っていたようである。しかし、渋滞解消のための対策は法令の柔軟な運用であった。
 バスの一方通行とチェーン装着場所の指定は「道路交通取締法」の「混雑緩和等にかかわる警察署長の権限」の活用である。
 また、国定公園○○規則違反の問題は、蔵王温泉には2万人もの宿泊者がいるのに積雪のために消防車も入れないようにしておくべきではないこと、 除雪は「災害対策上必要な緊急避難行為として違法性を阻却するものである。」(刑法の阻却原因の緊急避難)との判断によるものである。
 法律というものは少しだけ知っていて、それにこだわると、非常に窮屈で、人々を苦しめることになり勝ちであるが、広く深く知ると、人にやさしく、その幸せに貢献できるものとなる。 

 朝早くたたき起こされ、無線機と弁当を持たされて渋滞解消に当ってくれた独身寮の若い警察官諸君には大変ご苦労をかけたが、渋滞のおそれがなくなっての午後には、スキー場の防犯活動に任務を切り替えたので、ゲレンデを滑りまくり、体育練成と防犯に一挙両得となったようである。
 この一文は昨今の法の枝葉にのみこだわるお役所仕事のあれこれを知るにつれ、つい書き進めてしまったものである。
                  ( 平成18年2月1日  池田  昭記 )
目次へ戻る

鶴岡署長訓示:新年のあいさつ

    独創性に富んだ積極的な施策で県民の平穏な生活を守ろう

        鶴岡署長  池田 昭

                       昭和53年1月

 新年おめでとうございます。
 今年も、みんな元気でがんばりましょう。
 今年は景気回復への希望の年です。

 昨年は混迷と不安の年でありました。
 昭和四十八年十月の石油ショック以来、四年ごしの不況の長いトンネルから、昨年はついに抜け出すことができませんでした。昨年の年間十大ニュースで、明るいものは王選手のホームラン765号だけ。県内の十大ニュースでは、酒田東高と同工業高校の甲子園出場くらいで、あとはハイジャック事件や不況倒産などの暗いニュースがとりあげられました。
 そして、「母さん、私たちの心の安らぎは、どこに行ったのでしょうね」という流行語の生まれたりした陰鬱な年でありました。
 それだけに、国民の新しい年にかける期待は大きいものの、景気は果たしてよくなるかどうか、確実な見通しが得られないことへの、不安は大きいものがあります。

 幸い、私どものこの鶴岡署の昨年の仕事は、皆さんの大きな努力が実りました。そして、貴重な経験を得、今後に自信を持つことの出来た年でした。特に交通事故者を十名に留めたことの意義は大きいものであります。昨年四月までの県内の交通事故最多地域となったとき、年間の死者が十名に留まると予測した人はいなかったと思います。おそらく、年間を通じてきびしいつらい戦いを継続しても、前年の十五名をこえなければよいのではなかろうかと考えた人も多かったろうと思います。
 しかし、結果は四十七年の三十名の死者を出したときの三分の一になりました。これは決して偶然ではなかったと思います。経団連の土光会長は、何事もはじめにハズミが大切だ、初めに勢いをつけ、そして目標実現の目安がついたらペースをゆるめて、ソフトランディング(軟着陸)すればよいと言っております。
 
 昨年四月、県内最多発地域となり、安全運動期間中に母子二名の死亡事故という事態に直面した、あのときに、機を失せず、緊急対策本部を設け、関係機関団体の努力を結集する施策を講じてハズミをつけ、住民の関心を集めて、その関心を年後半まで高く維持しえたことが、成功の決め手となったものであります。

 今年は初めにハズミをつけ、始めよければ終わりよしということで行きたいと思いますので、よろしくお願いします。
 その意味で、今年の国の経済も、道路など社会資本の充実のために大型予算を編成して、その早期執行を計り、景気にはずみをつけ、七パーセントの成長率を達成しようというものでありますが、果たして出来るかどうか、期待と不安が交錯しているものであります。
 どうも確信が持てないのが実情のようであります。その意味では今年も、混迷と波乱の年となるのかもしれません。

 最近の新聞論調を見ておりますと、福田内閣の指導力について切実な期待と批判が大きくなってきました。福田内閣の支持勢力はだんだん低下しています。しかし、もう駄目だから引っ込んでしまえという論調まではいっていません、それでは誰にやらせればいよいのかという確信がないからであります。

 ところで、五十二年の経済について、政府の情勢判断は大きく狂いました。七億ドルの赤字になるはずの国際収支が予想を越えて、百億ドルの黒字に転じたことで、米国、欧州その他から反発が出ていますが、不況の深化、通商問題の激化など、ゆれ動く内外情勢に対し、政府の対応が遅れがちであることに大きないら立ちがあり、打ち出された政策と現実のギャップが拡大していることに批判が高まっています。

 それにはいろいろの原因があると考えられますが、施策決定の土台となる政府の制度組織の適応力が失われてきているのではないかという議論も出てきました。
 
 事実、外務省が世界各国から集める情報の量は年間四十万件であるのに対し、三菱商事の一日のテレックス送受信は一日四万件、外務省の一年の情報量が三菱商事の十日分ということになります。もちろん質にも問題はあります。
 米国はドルを捨て石油を選んだ、岩礁ドームを作って石油を備蓄しているとの情報、外務省では実態がよくわからなかったようです。
 情報の不足による指導者の見通しの甘さが、政治行政の対応の遅れを招くから、もっとしっかりしてくれという声が急速に上がってきております。
 役人が平穏の時代の親方日の丸に慣れて、みんな腰を下ろし、混迷を深めさせているのではないかと心配されます。
 
 現在、警察庁交通局参事官をしている人にKさんという人がおりますが、この人は昭和四十五年に、私がヨーロッパ視察をさせてもらったときに、イタリアの大使館付一等書記官としてローマに滞在しておりました。私は当時の本部長の武田さんの紹介状を持って大使館を訪ねて、いろいろ話を聞きましたが、このとき、外務省が安逸に慣れて、期待をされるような働きをしていないということでした。
 例えば、情報収集と称して毎晩のように、各国の外交官を招いて宴会をやり、その際の話を情報として本国へ送っているが、真の情報というのは、そんなおざなりの宴会の中からは得られるはずがないと慨嘆しておったことを思い出しました。外務省に限らず、今日の政治や行政の中の情報判断の甘さとスローモーな対応が、役人の怠慢にあるとしたら、大きな反省が必要ではないでしょうか。私にはそんな気がしてなりません。

 私どもの警察の運営というものは、どちらかといえば、消極的な行政の分野に属し、華々しく政策を掲げて、その徹底を図るというような性質のものではありませんが、国民の平穏な生活を確保し、その信頼と期待に応えるための、仕事のやり方については、まだまだ多くの問題点があり、なお改善を要するものが山積しています。
 例えば、刑事警察の目標に何件検挙しろというのもあります。

 また、私ども警察官の、特に幹部のものの考え方や姿勢にも問題があると思います。先頭を走ってつまづくな、またビリでは目立ち過ぎる、ビリから二番目か三番目くらいのところをトコトコ走っていくのが、公務員として一番上手な生き方であるという、事なかれ主義は、休まず、遅れず、働かずの三ず主義に通ずるもので、このような考え方は、自分で物事を決めない隣百姓と、よかれあしかれ隣と一緒の安心感に浸っていればそれでよいというものであります。
 このような考え方は組織の活力をはばみ、独創性を抑圧してしまうものとして、今日の混迷の時代の指導者としては国民の信頼は得られません。
 国民はいま、独創性を十分に発揮して、新しい確信に満ちた方向を明確に示す指導者を求めております。

 今年は私どもも大いに反省し、不況による沈滞ムードをできるだけぬぐい去るような明るい姿勢で、独創性に富んだ積極的な施策を講じ、県民の平穏な生活を確保するように一生懸命努力したいと思います。
 どうぞ皆さんは、自分でものを考えない隣百姓になることなく、あらゆるものに創意工夫をこらし、有言実行の人になって、いい仕事をし、国民に明るい希望を与えるように努力してほしいと思います。
 国民はそれを期待しているものであります。
 
 自民党の大平幹事長は、日本はこれまで経済的には追いつき追い越せで来たが、いま何を目標にすればよいか、戸惑っているのだ、日本の経済段階を季節に例えれば、日本はいま秋を迎えている、秋はものを考え反省する機会なのだ、反省が新しい確信を求めて、日本人ひとりひとりが考える時代である、と言っております。

 私どもは今年は、国民の期待に応えて、考えかつ行動する年にしたいと思います。お互いに助け合いながら、頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願い致します。


昭和55年 ▲(1970年)秋  鶴岡署長

 【注】この鶴岡署における訓示の年と、平成20年現在の社会の閉塞感は大変よく似ているように思われる。そこで、思い出して欲しい事実がある。それは昭和53年の福田赳夫首相の時代から、次に大平内閣に代わったことによって、政策が大きく転換し、積極的な公共投資が増えて、経済が活発化し、数年して国の借金が無くなったことである。
 ということは、政策次第でこの閉塞状況を打ち破る可能性があるということだ。政策担当者は、ぜひこの過去の歴史から学んでいただきたい。
 (池田昭、平成20年4月22日談)
目次へ戻る

     一億総活躍社会創造 警察官退職者による恵湧会の活動について(検討資料案)    池田昭   2016年2月27日

トップページへ戻る