一億総活躍社会創造 恵湧会の活動について  (検討資料案)    池田昭   2016年2月27日

 食べるために働く時代から、社会貢献のために働く時代であることを自覚すること。

 1 情勢
   [1] 一億総活躍社会として熟年高齢のすべての人々がそれぞれに社会貢献を目指して、できるだけの活躍できる場を確保し、働くことが必要であること。
   [2] 年金制度の変化に伴い、定年後もある程度の収入の確保が必要であること。
   [3] これまでの経験と知識と技術、趣味、嗜好を活かし、さらに新たな知識、技術を修めて、人生の発展を図ること。
   [4] 会員、家族、知己を含めて広範な関係者があり、それを主体に地域の発展に役立つ広範な活動が期待されていること。


 2 実行できること
  人々が置止めているものは何か。人々の能力を社会の発展に貢献させるものとして開花させる指標を与え、手助けできうrことはないか。これを総合的に検討すること。
 ○ 地方が求めている最大の政策課題は人口減少対策である。これに貢献できる対策はなにか。産業資源の調査、土地その他の総合的活用対策の検討と実行。
 ○ 働く場の確保についての調査、研究、提言、実行を図ること。
 ○ 活動組織の編成をおこなうこと。
 ○ 人材派遣事業に参加し、関係業界、関係機関団体と連携して、会員のみでなく、広範に地域の人材の活用を総合的に進めること。
 ○ これまでの知識・経験。技術を広範に発展推進させること。その具体的参考事例を示す。
   [1] 公務員の経験を活かし、行政書士として、記帳代行その他広範な活躍の場がある。
   [2] 新規事業の好機であるので、その実態を把握し、参加すること。
   [3] 各種の資格、学習、経験を修めて、それぞれの事業化を図ること。
   [4] 地域の活性化に役立つ対策の調査・研究・提案・実行について考慮すること。
 人口減少対策:なぜ人口を減らしたのか、その原因の調査を行い、研究提言を活発に行うこと、また必要な事業化をはかること。
  医療、福祉、看護、介護、保育、スポーツ、体育、婚活、空き家活用、有害鳥獣駆除、食品加工、温泉の調査と活用、困りごと相談、その他。


  地方創生対策      山形産業資源調査研究所提言    池田昭

         公益法人 生涯活躍社会創造 恵湧会 創立事案      

 1 目的
   一億総活躍社会を迎えて、警察官退職者1500名の優れた活力を地域社会の発展の総合戦力として寄与させることを目的とする。

 2 会員
   警察官退職者で本会に参加を希望する者で構成する。

 3 事業
   地方の社会経済の発展振興に寄与するあらゆる事業の調査・研究・提案・実行を事業とする。

 4 経費
   会費・寄付金・補助金・借入金、その他として別に定めるところによる。

 5 役員
   会長・副会長・理事・顧問・相談役とし、顧問・相談役には会員以外の学識経験者の参加を広く求め委嘱するものとする。

 6 その他
   以上の基本的方針をもとに関係機関団体との協議を行い、実行委員会をつくり、実行計画を定め、発足させ、実行可能なものから実行してゆくものとする。