トップページへ戻る                            


                      平成20年(2008年)9月2日
     ナラ枯れ 対策を急げ

     山形産業資源研究所  池田 昭

 山形県西置賜郡小国町を訪れて、飯豊山麓に広がる豊かな自然に感無量であった。しかし、私を驚かせたのは、その大切な山林のあちらこちらの木が赤く枯れていることであった。地元のひとに聞くとナラ枯れだという。原因は昆虫で、有効な対策もなく広がっているという。
 このような重大な生態系の破壊が大きな注目を浴びることもなく、防除対策も不十分なままなのには驚いている。ナラ材の用途が低く、町や村の人々の生活に直結しない問題だからだろうか。
 2008年11月26日の山形新聞より、
 「県内ナラ枯れ6万本超
   合成フェロモン利用の新防除法 検討会で成果を報告

 県と東北森林管理局は25日、寒河江市の県村山総合支庁西庁舎で第二回対策検討会(座長・高橋教夫山形大教授)を開いた。県森林研究研修センターなどが開発した合成フェロモンを利用した新たな防除法の有効性が実証試験の結果として示されたほか、県内全域で民有林、国有林合わせて六万本を超える、ことしの被害状況が報告された。
 新たな対策として注目される防除法は、ナラ枯れの原因となる菌を運ぶカシノナガキクイムシが仲間を呼び寄せる際に出す集合フェロモンを人工的に合成。おとりの立ち木や丸太にこれを付けて虫を誘引し捕殺する。
 実証試験は08年度から三カ年で実施しており、県内四十四か所の試験地から得られた初年度のデータを基に同センターの斎藤正一森林環境部長が報告した。おとり木、おとり丸太には大量の誘引効果が確認され、面的な被害軽減技術として確立される可能性が非常に高い、と説明。被害が軽度、中程度の場合はおとり木に、中程度からが激しいケースではおとり丸太により誘引効果があることが示された。
 ことにそ被害状況は、民有林では、山形市や上山市、米沢市、南陽市などで新たに確認され、二十七市町村で約二万七千七百本と、前年に比べて約九千六百本増えた。本年度から調査が始まった国有林では、約二万八千九百本に上った。
 検討会には約三十人が出席。協議では、09年度の被害対策方針として、合成フェロモンを用いた大量捕殺技術の確立を始め、被害先端地での重点的な対策、被害が激しい地域での面的対策、新規発生市町村で被害が軽度段階での駆除対策をそれぞれ実施することなどを確認した。
トップページへ戻る

                        平成20年(2008年)9月2日
 
      ナラ枯れの実態の把握および防除対策を急げ
      
       池田 昭
 
  (もと 山形警察署長・八幡町助役。山形産業資源調査研究所)


  助言/協力
  池田博明  もと高校生物教員

■写真は山形県西置賜郡小国町の山林の様子です。赤くなっているところがナラ枯れした木です。この山は決してナラ枯れの多いところではなく、2008年8月の小国ではこのくらいの被害が普通といえましょう。写真の山は面積にしたら5分の1、20%くらいが被害に合っていると言えましょう。
 被害樹木はナラだけではありません。山形県の資料『最上・村山地方の森をナラ枯れから守るために』によれば、シイやカシにも被害が及ぶといいますし、小国町の地元民はクリにもついたと話していました。ブナにも被害があったとの報告もあります。
 
■質問1 被害はどこまで広がっていますか。
 
 北部は秋田県まで。日本海側は鳥取県まで。太平洋側では福島県。愛知県・三重県・和歌山県・高知県・宮崎県・鹿児島県などです。

■質問2 被害はいつ頃から見られるのですか。
 
 地元民によれば、小国町の被害が目立つようになったのは、ここ2〜3年だそうです。
 上記の県の記録では、山形県の被害は2005年度に最上峡を中心に被害が深刻化、2007年度には舟形町・大蔵村に広がり、平成17年度(2005年度)に小国町へ侵入したとあります。2004年に真室川町、2007年に最上町、2009年度に長井市・飯豊町・川西町などです。
 1980年代に西日本で発生、徐々に日本海側を北上し、2000年には福島県に、2006年には秋田県にまで進出しました。
 さかのぼって、過去の文献によりますと、1952年の兵庫県が最初、山形県でも1973年に発生記録があります。これらは数年で収まったようです。なぜ収まったのかは不明です。

■質問3 原因となる虫はどんな種類ですか。

 カシノナガキクイムシ Platypus quercivorus、略称カシナガという甲虫です。『芦生原生林の博物』に写真があります。体長約5mmのこの昆虫のメスはナラ菌というナラにとっての病原菌を運びます。ナラ菌が水分を運ぶ道管を破壊してしまうため、目詰まりを起こして7月から9月に急激に木は枯れてしまいます。右の写真は枯れたコナラで(2008年8月31日)、下から上まで完全に枯れています。カシナガにとってナラ菌はAmbrosia菌を作ってくれます。アンブロシア菌を食べてカシナガは育ちます。アンブロシア菌と共生する甲虫はアンブロシア甲虫(Ambrosia beetle)と呼ばれます。 (英語のウィキペディアの内容はナラ菌=アンブロシア菌と思われる記述で、山形県の資料とやや異なる。 京都大学の『芦生演習林におけるナラ類の立ち枯れについて』では英語の記述に近い。)

■質問4 カシナガは外国からの侵入種ですか

 カシナガは昔から日本にいる昆虫で、ナラ枯れも古くから知られていました。しかし、かつては急激に被害地を拡大したり、大きな被害を出すことは知られていませんでした。激しい被害を出し始めたのは最近になってのことです。

■質問5 ナラ枯れを防ぐにはどのような対策があるのですか

 カシナガは6月(〜8月)にナラに穿入し、7月(〜9月)に木を枯らすと、翌年の6月(〜8月)に枯れたナラから飛び出していきます。最初にオスが穿入し、集合フェロモンを出すため、多くのカシナガが1本の木に穿入します。
 そこで、対策のひとつは被害樹木の徹底的な伐倒とくん蒸剤散布によるカシナガ昆虫そのものを駆除してしまう方法です。くん蒸薬剤はNCS、伐倒した被害木をビニールシートで被覆し、カシナガを殺します。被害木の90%以上のカシナガを殺すことができます。被害木を移動すると枯れた木の中にカシナガが入っているため、被害を拡大させてしまうことになります。西川町では2004年から2006年にナラ枯れが発生しましたが、被害木の除去作業により2007年度の発生を抑えることができました。しかし、マンパワー、作業人員が必要なため伐倒には制約があります。

 ふたつめの対策は被害木にドリルで穴を開け、くん蒸薬剤NCSを注入するものです。1999年に山形県森林研究研修センターが開発した防除法です。地上1.5mまで処理し、90%のカシナガを殺すことができます。ただし、作業効率が悪いこと、作業者が近づけない奥山や急傾斜地区では困難です。
 
 みっつめの対策は、合成フェロモンによるカシナガの誘引捕殺。目下、試験段階の方法です。山形県森林研修センターが人工的に合成した集合フェロモンを用いて成虫を誘引し捕殺します。

■質問6 なぜ最近急にナラ枯れが発生するようになったのでしょうか

 ナラの木が利用されなくなって高齢化・大径化したことが大きいと考えられています。被害木のナラが50年生以上の老齢層であるという報告もあります。

■質問7 他にも効果的な対策はないのか

 生物農薬として利用できる寄生バチを発見・利用する方法はないでしょうか。昆虫にはたいていその昆虫に外部寄生するハチがいるのが通例です。カシナガにもそれを狩るハチがいるはずです。

■質問8 なぜもっと早く対策が進まないのか

 研究にじゅうぶんな予算措置がとられていないことが考えられます。防除対策に対する山形県森林対策研究研修センターの貢献は大変大きいようです。マスコミ、例えば山形新聞などで精力的に取り上げて報道して欲しい、いや報道すべきであると思いますが、ナラ材の用途の低下が関心の低さにつながっているように思われます。
ナラ枯れ23府県図2009年2月7日 神奈川新聞

   「ナラ枯れ」23府県に
  森林総研など原因虫の防除法開発へ


 [解題] 茨城県つくば市の森林総研で六日までのまとめで、ナラ枯れが23府県に拡大していることが判明、フェロモンを利用した防除法の開発に乗り出したという記事が出ました。
 有効な対策はこれからという状況です。ハチなどの天敵を使う方法がもっとも有効だと思いますが。

 [新聞記事]
 昆虫が運んだ病原菌によってナラやシイ、カシなどの樹木が集団で枯死する「ナラ枯れ」の発声が秋田や長野、京都など少なくとも23府県に拡大していることが、森林総合研究所(茨城県つくば市)の六日のまとめで判明、同研究所などは発生場所の予測手法や原因となる昆虫の防除法開発に乗り出した。
 森林総研によると、ナラ枯れは体長約5ミリのカシノナガキクイムシ(カシナガ)が夏に繁殖のために幹に孔を開けて多数侵入。カシナガが持ち込んだカビの一種、糸状菌が木の細胞を殺し、樹液の流れを止めるため、1〜2週間で枯れてしまう。
 1930年代に宮崎・鹿児島各県で被害が報告された後、新潟や福井、兵庫などで確認されたが、80年代までは計八県と散発的で、被害も短期間で終っていた。だが、その後拡大に転じ、昨年までの23府県に広がっていることが、各地の研究機関の調査などから分った。
 木材や炭に利用されることが減って伐採されなくなったり、公園整備が進んだりして、カシナガが好む太い木が多く残ったためとみられる。地球温暖化の影響でカシナガの活動範囲が広がったのが一因との指摘もある。カシノナガキクイムシ
 森林総研などはカシナガが出すフェロモンやカシナガを誘引する木のにおいを使い、殺菌剤を注入した木に大漁におびき寄せる「おとり木」を採用。森林のどの位置に、何本設置すれば被害を抑えられるのかを実地研究する。
 また、被害地の木の種類のほか、標高や気温、降水量などを調べ、発生しやすい場所を分析し、次の発生地を予測する手法も開発する。
 牧野俊一森林総研昆虫領域長は「周辺環境に優しい防除手法を考えたい」と話している。
2010年9月12日(日) 山形新聞より   
    
         ナラ枯れ急拡大  09年度比 長井11倍 6.1万本、飯豊5倍 3.4万本・・・

 里山」に自生するナラの木の葉が赤くしおれるナラ枯れが、今年も県内各地で広がっている。県は現在、各市町村の被害状況を集計中だが、2009年度に比べて10倍以上の被害木を確認した自治体もあり、被害のさらなる拡大は必至の状況だ。

 県内では、09年度に民有林で11万4155本のナラ枯れを確認。山間部がない三川町を除く34市町村に被害が広がり、前年度の約4倍に被害が広がった。地域別では置賜が6万2037本で最も多く、最上が3万3801本、村山が1万1398本、庄内が6919本。市町村別では小国町が最多の4万2301本を数えた。全国のナラ枯れ被害量(材積)では本県がトップだった。
 県は今年8月以降、各市町村などと連携し目視調査を行っている。近く調査に入る小国町や最上地域などの枯死本数は未定だが、既に調査を終えた長井市は09年度比で11倍超の約6万1千本、飯豊町が5倍程度の約3万4千本、高畠町が7倍以上の約1万3千本、南陽市が6倍の約4700本、米沢市が10倍近い約2千本など、置賜地域の被害拡大が目立つ。被害本数が判明している置賜地域分だけで、既に09年度の県全体の被害木数を上回っている。
 他地域では、村山市が6倍近い約7千本に増加しているなど、集計前の市町村を含む担当者の多くが「被害はだいぶ広がっているようだ」と見ている。県森林課は「全体の被害は現在集計中だが、置賜や村山地域の一部で目立って増えているようだ」と話す。
 ナラ枯れは、体長5ミリほどのカシノナガキクイムシが樹木内に入り込んで菌を繁殖させ、樹木の水分補給を阻害することで起きる。被害木は真夏にもかかわらず葉が赤くしおれる症状が出、放置した場合、4〜5年経過したころから倒木が始まって、人的被害を招く恐れもある。
 今シーズンのカシノナガキクイムシの活動環境について、同課は「春先の低温で活動開始が6月下旬にずれ込んだが、その後の高温続きで例年以上に活動が活発化したのではないか」と分析する。対策として殺菌剤や殺虫剤を注入する方法があるが、被害木1本に対し1万円程度の薬剤費がかかる上、急峻な場所での作業は危険が伴う。今年から森林公園や景勝地を中心に81ケ所の「特定ナラ林」を設定し、対策を講じているが、即効性の高い対策は難しいのが現状だ。
2010年10月19日 NHK山形 報道より

           知事が対策を指示   

 拡大するナラ枯れ被害を防止すべく対策を急ぐよう、吉村知事が見解を表明した。
 研究者の齊藤正一さんによると、効果的な対策として考えられるのは(1)フェロモンによる誘導、(2)丸太を積み上げ誘導の二本立て。特に(1)は被害の少ない場所、(2)は被害の大きい場所で効果がみこめるという。
 今年、クマが人里に出没する件数が異様に多いのも山の木の実のなりが悪いこととともに、ナラ枯れの影響も考慮されている。
  (池田記)
2011年10月12日 山形新聞より
(記事の続き)
 置賜地方は10年度、小国、白鷹、飯豊町3町など西置賜で13万7千本もの被害が確認されたが、11年度は5万5千本まで減少、。西置賜の森林で被害が一巡し、米沢市、高畠町などに広がっているという。庄内地区は07年度の1万1千本をピークに下降を続け、11年度は千本程度だった。
 県内のナラ枯れは06年度に庄内、最上で被害が広がり、09年度には森林のない三川町以外の34町村に拡大。10年度の被害本数は17万6千本に上った。
 ナラ枯れの防止は、被害木に殺虫剤を注入する方法があるが、樹木1本当りの費用は1万円近くなり、広範囲にわたる対策が難しいのが現状。県は10年度から景勝地や森林公園など県内85ケ所に「特定ナラ林」を設定し、地域を絞った対策を講じている。
 県森林課は「被害の拡大には山林の荒廃が関係している。炭焼きや燃料用ペレットとしてナラを活用することが将来的な予防につながる」とし、今後は里山の再生にも力を入れる。
 調査は県が標高の低い民有林を対象に実施。国有林は林野庁が調査している。
参考文献  ウィキペデイアより

Ambrosia beetles
Scientific classification
Kingdom: 動物界
Phylum: 節足動物門
Class: 昆虫綱
Order: 甲虫目
Family: ゾウムシ科
Subfamily: Scolytinae, Platypodinae
Genus: Platypus, Xylosandrus, Xyleborus,...
Species

many   多種

Ambrosia beetles are beetles of the weevil subfamilies Scolytinae and Platypodinae (Coleoptera, Curculionidae), which live in nutritional symbiosis with ambrosia fungi. The beetles excavate tunnels in dead trees in which they cultivate fungal gardens, their sole source of nutrition. An ambrosia beetle excavates a tunnel in which it releases spores of its fungal symbiont. The fungus penetrates the plant's xylem tissues, digests it, and then concentrates the nutrients. The majority of ambrosia beetles colonize xylem (sapwood and/or heartwood) of dying or recently dead trees. Species differ in the preferred part of tree, in the shape of their tunnels (“galleries”) or in the preferred physical features of their host, but the majority of ambrosia beetles are not specialized to any taxonomic group of hosts, unlike majority of phytophagous organisms.

(翻訳;アンブロシア甲虫は、甲虫目ゾウムシ科Scolytinae及びPlatypodinae亜科の甲虫で、アンブロシア菌と栄養共生で生活しています。この虫は枯れ木に穴を掘り、その穴に菌床を育てて、それを唯一の栄養源とします。アンブロシア甲虫はトンネルを掘り、そこに共生菌の胞子をまきます。菌は植物の木部組織に入り込み、消化し、養分を集中させます。たいていのアンブロシア甲虫は、枯れ木や枯れる寸前の樹の木部に集団を作ります。種によって木の好みの場所やトンネルの形態、宿主の特徴などが異なりますが、植物食生物の多くとは違い、特定の分類群に限られるわけではありません。)

Beetles and their larvae graze on mycelium exposed on the gallery walls and on bodies called sporodochia, clusters of the fungus’ spores. Most ambrosia beetle species don’t ingest the wood tissue; instead the sawdust resulting from the excavation (called frass) is pushed out of the gallery. Following the larval and pupal stage, adult ambrosia beetles collect masses of spores of the fungal symbiont into their mycangia and leave the gallery to find their own tree.

(翻訳;甲虫とその幼虫はギャラリーの壁やスポロドキアという生物体に露出した菌糸体と、菌胞子の塊りを咀嚼します。ほとんどのアンブロシア甲虫は木の組織を消化しませんが、代わりにギャラリー外に押し出したフラスと呼ばれるおがくずを消化します。幼虫期とさなぎの時期に続いて、成虫は共生菌の集団の胞子を集めて塊にします)

Contents 目次

Taxonomy 分類学

Gallery of Xylosandrus crassiusculus split open, with larvae and black fungus.
Gallery of Xylosandrus crassiusculus split open, with larvae and black fungus. アンブロシア甲虫の一種のギャラリーを開けたところ、幼虫と共に黒い菌がいる

Until recently ambrosia beetles have been placed in independent families Scolytidae and Platypodidae, however, they are in fact some of the most highly derived weevils.[1] There are currently about 3,000 species of beetles employing the ambrosia strategy, most of them from the subfamily Platypodinae and the subtribe Xyleborina of subfamily Scolytinae, and numerous smaller groups within Scolytinae.
(翻訳;最近までアンブロシア甲虫はScolytidaeとPlatypodidaeという独立した科に置かれていたが、実際はもっとも高度に進化したゾウムシの仲間である。アンブロシア戦略を取る昆虫は約3000種もいて、その多くはPlatypodinae亜科とScolytinae亜科のXyleborina亜族とScolytinae内の非常に多くの小グループである)

Representatives of Xyleborini, the most diverse group of ambrosia beetles. From top left: Amasa sp., Eccoptopterus spinosus, Sampsonius sp., Xylosandrus ursa, Coptoborus fragilis.
Representatives of Xyleborini, the most diverse group of ambrosia beetles. From top left: Amasa sp., Eccoptopterus spinosus, Sampsonius sp., Xylosandrus ursa, Coptoborus fragilis. 
アンブロシア甲虫でもっとも放散したグループ
(左上から種名それぞれ)

Note that the term ambrosia beetle does not denote a taxonomic group, and the ambrosia habit is an example of convergent evolution, in that several groups evolved the same symbiotic relationship independently.[2] The highest diversity of ambrosia beetles is in the tropics. In the Neotropics for example, Platypodinae are joined by the scolytine tribes Cortylini and Xyleborini. Ambrosial beetle fauna in the Nearctic is rather limited by contrast, dominated by a few species from Cortylini, Xyleborini and Xyloterini. In the Palearctic ecozone, significant groups are Platypodinae and Xyleborini and Scolytoplatypodini.
(翻訳;アンブロシア甲虫は分類群を表してはいない。アンブロシア習性はいくつかのグループで同様の共生関係が独立に進化した、収れん進化の例である。アンブロシア甲虫のもっとも高度な放散は熱帯地方で見られる。例えば新熱帯区では、PlatypodinaeはScolytinae亜族のCortyliniやXyleboriniと一緒になっている。これに比べると新北亜区のアンブロシア甲虫相は、むしろ限定されており、Cortylini、Xyleborini、Xyloteriniの数種の優占種によって占められている。旧北亜区では重要なグループはPlatypodinae、Xyleboorini、Scolytoplatypodiniである)

Dinoplatypus chevrolati from Papua New Guinea, an example of Platypodinae, another species-rich group of ambrosia beetles
Dinoplatypus chevrolati from Papua New Guinea, an example of Platypodinae, another species-rich group of ambrosia beetles
パプア・ニューギニアの一種


The symbiotic relationship 共生関係

A few dozen species of ambrosia fungi have been described, currently in the polyphyletic genera Ambrosiella, Raffaelea and Dryadomyces (all from Ophiostomatales, Ascomycetes). Many more species remain to be discovered. Little is known about the bionomy or specificity of ambrosia fungi. Ambrosia fungi are thought to be dependent on transport and inoculation provided by their beetle symbionts, as they have not been found in any other habitat. All ambrosia fungi are probably asexual and clonal.[3]
(翻訳;アンブロシア菌は2、3ダースが記載されており、現在のところ、多系統の属Ambrosiella、Raffaelea、Dyradomycesである。未記載でより多くが残されている。アンブロシア菌の生理生態や特異性はほとんど分かっていない。アンブロシア菌はその共生甲虫によって運搬され、接種されるものと考えられていて、他の習性は発見されていない。すべてのアンブロシア菌はおそらく無性的でクロ−ンである)

During the evolution of this symbiotic lifestyle, most scolytid and all platypodid groups became progressively more dependent on fungi regularly cohabiting dead trees. This evolution had various outcomes in different groups:
(翻訳;この共生的な生活型が進化する間、ほとんどのscolytidとすべてのPlatypodidのグループは枯れ木に常に菌と同居して依存関係をどんどん進めていった。このような進化は異なったグループで多様に起こった)

  • Some phloem-eating bark beetles (phloeophages) are able to attack and kill live trees since their fungal symbiont is an aggressive phytopathogen.[4] (翻訳;数種の篩部-樹皮食いの甲虫は、その共生菌の攻撃的植物病原体により、生木を攻撃し殺すことが可能である)
  • Many of phloem-feeding bark beetles use phloem-infesting fungi as an addition to their diet; some phloeophages became more or less dependent on such a mixed diet and evolved mycangia to transport their symbionts from maternal trees to newly infested trees.[5] These beetles are called mycophloeophages. (翻訳;篩部-樹皮食甲虫の多くは、追加の食物として篩部感染菌を使った。篩部食者のなかのあるものは多少とも混合食に依存し、親木から新たな感染木に共生体を運ぶ菌嚢を進化させた。そのような甲虫は菌篩部食者(mycophloeophages)と呼ばれる)
  • The closest association evolved between ambrosia beetles and ambrosia fungi, where both the beetle and the fungus are completely dependent on each other in multiple stages of life.[6] (翻訳;アンブロシア甲虫とアンブロシア菌の密接な関係は生活の多くの段階で完全な依存になった)

References 参考文献
  1. ^ Kuschel, G., R. A. B. Leschen, et al. (2000): Platypodidae under scrutiny. Invertebrate Taxonomy 14: 771-805.
    Marvaldi, A. E., A. S. Sequeira, et al. (2002): Molecular and Morphological Phylogenetics of Weevils (Coleoptera, Curculionoidea): Do Niche Shifts Accompany Diversifcation? Systematic Biology 51(5): 761-785.
  2. ^ Farrell, B. D., A. S. O. Sequeira, et al. (2001): The evolution of agriculture in beetles (Curculionidae: Scolytinae and Platypodinae). Evolution 55: 2011-2027.
  3. ^ Malloch, D., and M. Blackwell. 1993. Dispersal biology of ophiostomatoid fungi. p. 195-206. In: Ceratocystis and Ophiostoma: Taxonomy, Ecology and Pathology. Eds., Wingfield, M.J., K.A. Seifert, and J.F. Webber. APS, St. Paul.
  4. ^ Paine, T. D., K. F. Raffa, et al. (1997): Interactions between scolytid bark beetles, their associated fungi and live host conifers. Annual Review of Entomology 42: 179-206.
  5. ^ Klepzik, K. D. and D. L. Six (2004): Bark Beetle - Fungal Symbiosis: Context Dependency in Complex Associations. Symbiosis 37: 189-205.
  6. ^ Beaver, R. A. (1989): Insect-Fungus Relationship in the Bark and Ambrosia Beetles. Insect-Fungus Interactions. N. Wilding, N. M. Collins, P. M. Hammond and J. F. Webber, Academic Press: 121-143.