山形 産業資源調査研究所:山形県の産業の再生と繁栄のために

山形産業資源調査研究所 池田昭の見解を紹介します

    平成20年4月公開以降の閲覧者数は
山形県から人口が減っていく。 それが当たり前ではない。
山形県の産業の振興を遅らせているのは農業振興地域指定である。過剰な農振指定を見直すことが急務である。
(2017年1月23日)

WHA’S NEW

  やましんサロン 遊休農振地を産業用地に
    [山形新聞2017年1月19日]


◆ 若者の歓声あふれる山形を創る決定打

◆ 上山インタータワー構想

◆ 巨大な土地資源の存在をなぜ県民は知らされなかったのか

◆ 鳥海ジオパークの地域振興対策

 <地方政治変革への提言>〔ホームページと資料〕

地方政治変革への提言 [pfd資料]
(2016年9月5日)
西蔵王を夢の街へ! 〔pdf資料〕 
(2016年7月17日)
最近、反省していること 〔pdf資料〕 
(2016年7月1日)


 論文が宅建協会五十周年記念論文優秀賞を受賞!

 宅建協会山形創立五十周年記念論文の審査の結果 
 優秀賞を受賞しました(平成28年5月13日)

 論文の論旨は以下のA、B、C、Dで展開しております.

A:山形県総合戦略地方版の問題点と対策について [pdf資料]
B:地方振興対策2016 〔pdf資料〕
<農振で、仕事をつくる土地が無い、日本死ぬ。>
    地方をダメにした土地利用の実態

C:山形県都市計画基本方針の見直しに関する提言 [pdf資料]
D:県都広域経済圏山形市の問題点 [pdff資料]


    (平成14年 近影)

本を出版しました。『どん底の地方経済 再生の処方』
夢工房.ISBN978-4-86158-054-3  定価700円
注文は〒994-0054 天童市荒谷字荒谷原1973-230 池田昭へ
送料著者負担・後払いで本をお送りします。

ご意見は次のアドレスへ
  (+を@に替えて下さい)。お問い合わせに即答できない場合もあります。
誰でも農家になれます 〔pdf資料〕 
 (2016年3月20日)
平成残酷物語〔pdf資料〕 「おこるとこわいひと」には知らせてならない
ビッグなお報せ3〔pdf資料〕  農家民宿の薦め  2015年9月
ビッグなお報せ2〔pdf資料〕  優雅な田舎暮らし  2015年8月
ビッグなお報せ〔pdf資料〕 都市からの回帰者へ 2015年8月
第三次山形県総合発展計画に関する提言[pdf資料] 2015年3月17日
上山コンパクト都市施設「藤吾タワー」の利用構想 2015年4月9日
山形が面白くなってきた (2014年3月) 更新版(2015年8月pdf)
ご存知ですか。誰でも農地を所得し農家になれます (2013年11月)
働く場所を確保し、人口と所得を倍増しよう (2013年9月) 拳銃自殺と失踪事件を引き起こした暴虐署長(2008年11月25日)
なにか困っていることはありませんか (2013年1月) 新知事・吉村美栄子氏に期待する (2009年1月26日)
問答式 農業振興地域整備法 (2011年1月3日) ウコギと健康 (2008年8月2日)
県勢躍進の処方箋、ふるさと山形はもっと豊かになれる (2010年2月25日) 美しきわが故郷 晩秋の鳥海山   (2009年10月23日)
農業振興地域制度の廃止を訴える (2009年12月8日) 山形を医療保健王国に
構想力を高めて躍進を克ち取ろう  (2009年6月28日) ナラ枯れ対策を急げ(2008年9月2日)
世間の常識はもう時代遅れとなった (2009年2月10日) 60万人運転者時代を想定して「運転者教育センター」を構築したことなど (2009年1月3日) 
地域振興の落とし穴 土地利用規制の誤謬 (2009年2月10日) ほっとけない 間抜けの人口推計 (2009年1月4日)
農村の産業振興対策について(農業の総合産業化・総合産業地域化) (2008年7月23日,2009年2月3日更新) 准看護学校の設立と運営について (2013年1月14日)
法律の総合的かつ柔軟な運用 人にやさしい行政 その参考事例 (警察物語)(2010年6月12日)

池田昭のプロフィール


 山形県警察(昭和20年6月から昭和58年まで);米沢警察署長、交通部長、 鶴岡警察署長、警備部長、山形警察署長等を歴任。
 飽海郡八幡町助役(昭和58年から昭和61年)。

 有限会社イケダホーム代表取締役(昭和61年から現在まで)


1 自分史

2 警察物語

 私の半生の思い出と、これまでに取り組んできた仕事から学んだことで みなさんの参考になりそうなことをお伝えします。

活動方針


  山形県の人口減少に歯止めをかけ、 県民生活を豊かにするために、資源の活用と産業の振興が必要である。
 そのための社会貢献活動を山形県産業資源調査研究所として行い、数々の提言を行っている。


3 山形の産業振興対策

4 やまがた ふるさと産業振興論

  山形県を豊かにするための提言をあげます。

実績/活動紹介


 警察功労による表彰、警察庁長官功績賞を受賞(昭和58年)、 瑞寶小受賞(平成18年)を受賞。
 山形県行政書士会山形支部長・同理事・宅地建物取引業協会山形支部監事・同県会理事を歴任、 日本行政書士会連合会会長表彰(平成8年)・全国建物取引業協会連合会会長表彰(平成19年) を受ける。


有限会社イケダホーム

不動産売買
行政書士
宅地建物取引主任者
二級建築士

  cherry
ふるさとの産業振興対策 

         山形地域振興学会    2009年1月14日

趣旨  地方の時代と言われて久しいが、地方は政策に多くの誤りを侵し、人口減少、少子高齢化、嫁不足、廃校、市街地の空洞化、倒産と杜会経済に深刻な衰退をもたらした。
 加えて最近は、世界的同時不況の嵐がふき荒れ、不況と不安が交錯する混迷の時代に突入し、人々は、将来の不安に慄いている。
 このときに当り、国民自らの智恵とカを振起して、攻治・行政・経済・杜会各般にわたり、現状分析を撤底して、あるべき婆を想定し、その乖離を解消する、実勃性のある対策を明示することを大胆に実行して、躍進をかちとらなけれぱならない。
 これまで「問題だ検討を要する」と言う人はいるが、勇気をもって「具体的 な対策を明示」する人は少なかった。
 いまこそ、、ピンチをチャンスに換え、真の国民主体の豊かな杜会創造の旗手となり、輝かしい歴史を創ろうではないか。



会則
1 名称   山形地域振興学会と称する
2 目的   山形県地域振興策の現状分析と分析に基づく振興対策案を研究する
3 会員   有志
4 活動  
  (1) 情韓資料の調蛮板集と分析
  (2) 研究会の闘催
  (3) 資料の作成
  (4) 提言・提案・広報
  (5) 関係機関団体等との連携

5 会費  無し
6 経費   会員各自負担
6 役員  代表世話人1名をおく。


 代表世話人  池田 昭  (山形市松山2-12-3)
 事務所   天童市大宇荒谷1973-230 電話023-651-1777

大井沢  
河北町
上山市  
蔵王  
寒河江市
 
鳥海山麓
 
山形市
山辺町
 
八幡町
天童市東部地区
山形市西蔵王


2008年(平成20年)4月21日以降   

池田昭 山形産業資源調査研究所ホームページ  

H.Ikeda作成